"花火絶景"でオスイチからの勝ち逃げをキメた話【スロ女子ライターのつれづれ/アップル藤子のターン】

※スロマガ女子ライターの輪番連載! 今回はアップル藤子のターン!!

20年越しに咲いた少女の大花火。

今は昔、18歳の女の子が毎日足繁く通っていたのはパチンコ屋さん。
パチンコもパチスロも勝ち方なんて知りゃしない。ただ《打ちたい》《打ってみたい》そんな気持ちで台選びを繰り返し、勝った負けたの押し問答は二の次の様な生活だった。

そんな破天荒な時期に彼女はパチスロ攻略マガジンに出会ってしまう。多感な少女には夢が沢山詰まったと言っても過言ではない雑誌であった。
そして彼女は知ってしまう。パチスロライターの存在を…。


どうも3回目まして、アップル藤子でございます!
冒頭の少女、人生に紆余曲折ありまくって大変だったそうですよ。聞けば、苦しい時にもパチスロに助けられ、何とか踏ん張って生きてきた20年間だったそうな。

そう、20年前のお話ですって。つい最近、パチスロ歴20年になったんだってさ。

当時彼女は『大花火』をよく打っていた。
当たってリプレイ外しすれば、いっぱい出ちゃって嬉しい~! 位の、とんでも知識を携えて楽しんでいたのだとか。
かわえぇな。かわえぇがな少女よ。そりゃ隣の席のメンズが目押し手伝ってくれるわけだ。
ちなみに、そういったメンズとメルアド交換して、働いていた夜のお店に誘っていたそうだよ。ホールで客引きなんて…やるな少女。

さぁその少女の話は置いときまして、待ってましたの新台『花火絶景』。予備知識はほとんど入っておらず…知っているのは何やらノーマルタイプじゃないって事と、あの大花火を彷彿とさせる要素があるってことぐらいでさぁ。

花火絶景(ミズホ/2022年)
花火絶景(ミズホ/2022年)

久々の稼働、本当は特定日だったので朝から行きたかったのですが、朝に急遽仕事入りまして…稼働は夕方からになってしまった。
まぁ当然の如く新台&特日にて空き台はなく…ホール内を1時間ほどグルグル徘徊してました。

今日はもう無理かと諦めかけたその時、目の前で花火絶景をやめる人が!
ええのん?  ええのんけ?
すぐさま着席、神様ありがとさん!

花火絶景(ミズホ/2022年)

いやごめん。正直わけもわからず直ぐ当たる。
ノーマルじゃないと知りながらも一応逆押しとかしちゃって台に怒られた(笑)。
そしてすかさずパチマガスロマガのサイト見ちゃった私よ。Thanks モバイル!

花火絶景(ミズホ/2022年)

あぁ、そう言うことねと色々納得しながらの遊技。
鉢巻リールが回る大花火ステージにて、感動のリール逆回転再会に奮える私。
あの音、リールが回るあの音よ!!
胸が高鳴る。若干の思い出補正さえ足される気分。
た、楽しい…。

しかし、BIGを4回ほど続けて引いた私の脳裏に過るは『これREGに寄ったら辛いよなぁ…』だった。
確かにBIGで600枚以上取れるのはデカイが、コインの消化スピードが早いため少しでもハマれば出玉がすぐ無くなっちまう。
そこきてREGとか続け様に引いたらかなり展開はきちぃ。

てなわけで、サクッと勝ち逃げをかます。
投資92枚
回収1064枚
初戦にしてはまずまずで。


帰り道、あの少女の話を思い出す。少女は1万円でも勝てりゃ大はしゃぎでバイト先の仲間に飯を奢ってたそうな。
今は貯玉しちゃうから勝ったからと言って奢るわけもなく、それよかそんな直ぐに友達がつかまるわけもなく、年を重ねる寂しさを変なところで感じているみたい。

そうそう、20年後の少女はすっかりオバちゃんになった模様ですよ。

アップル藤子

台所にチョコパイを隠し、夜中にコッソリ食べるのが好きみたいです。だから太るんだと言ってやって下さい。

パチンコ・パチスロ成人式を迎えた彼女は今、静かにライターとして少しばかりの原稿を書いてるみたいだわさ。バイブルにしていたパチマガスロマガでね。
願ったり叶ったり。

ほいだば、今回も読んで下さりありがとうございました!また次回も宜しくお願い致します。
じゃぁねん、ばいばーい!

スロ女子ライターのつれづれ関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー