【パチンコ】おやじ狩りがアツかった時代!?【迷機探訪】

【パチンコ】おやじ狩りがアツかった時代!?【迷機探訪】

機種名だけではどんな機種なのか想像もつかず(!?)、あまりにもクセが強すぎたために(!?)、どこにも記録が残っていないような迷機を取り上げるこのコーナー。
今回取り上げるのは、「CRあついぜ!!おやじ」(2001年・SanseiR&D)だ。
それでは、レッツラゴー!!

おやじ達のクセが凄い!!

おやじ台

盤面に描かれたおやじキャラとおやじギャグ…。ヘソには「☆」の上に「と」の文字があって「スターと」と読ませたり、電チューは「スカート」になってる等々、ツッコミ出したらキリがない要素が各所にちりばめられている。

スペックはというと、大当り確率1/284.5→1/56.9、確変突入率が11/12・以後1回継続・2回リミッターという実質2回権利モノで、「9」図柄揃い時のみ単発の約2000個止まりだが、他図柄揃い(※昇格含む)ならすべて2回ワンセットとなり約4000個獲得できた。

当時は確率1/315・1/2確変・1回ループのCR機ばかりだった時代、有名アニメやゲーム等との様々なタイアップ機が続々登場する中でキテレツなオリジナルコンテンツという点も含め、いろんな意味で度肝を抜かれた台であった。

おもちゃ屋予告
おもちゃ屋予告。おもちゃ屋経営の「木落(きらく)一生」(40)がおもちゃの乗り物に乗って登場。期待度は車<バス<電車<飛行機<ロケット…っていう感じ。
看板予告
看板予告。「この先大当り」ならプレミアム。
ギャグ予告
ギャグ予告。文字通りの「おやじギャグ」を放つ。種類はいろいろあるが、総じてサムい。
ドリルチャンス
ドリルチャンス。順目やお・や・じ図柄停止で発展。登場するおやじは現場に命を懸ける「満野(みちの)高次」(40)。
水道管リーチ
水道管リーチ。ドリルチャンスで水道管を破裂させてしまうと発展。寿マークの星か太陽のアイテムがある。
ぶらさがりリーチ
ぶらさがりリーチ。おもちゃ屋予告からそのまま中図柄にしがみついて発展。
演歌リーチ
演歌リーチ。演歌一筋50年の「花山(はなやま)真行」(65)が十八番の「友の海」を熱唱。音符や記号によって期待度変化。
セリリーチ
セリリーチ。八百屋を経営する「上戸出(あとで)幸介」(42)がライバルのボンボンと競う。種類はリンゴやマツタケがある。
燃え尽きリーチ
燃え尽きリーチ。「張野(はるの)藤頼」(48)がスナック「ひとみ」のママに猛アタック。プレゼントの種類は花束やバッグ、ダイヤなど。
三三七リーチ
三三七リーチ。3人のおやじによる最もアツいスーパーリーチ。空が赤ければチャンスアップ。

おやじ打ちは厳禁!!

当時にしては珍しい準2回ワンセットの権利モノスペックで登場した本機は、通常時から確変中まで結構止め打ちが効いた。要するに「おやじ打ち」は厳禁だった。通常確率が他のメインCR機と比べて多少当たりやすかったので、パチプロによる「おやじ狩り」の餌食にもなっていたと思う。

また、「9」図柄揃いのみ単発なのだが、逆に「9」図柄のリーチは他図柄よりも格段に当たりやすいという秘密があり、昇格期待度も高いという意外とよくできたゲーム性だった。

まさしく本機はネーミング通りの「アツいおやじの台」だったのだが、クセが強すぎて人気はそこまで出なかった。登場する時代が早すぎたんじゃないかな~。

<つづく>

↓パチンコ・パチスロのあらゆる情報はモバイルサイトにて!!

迷機探訪関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー