名シーンを見るだけで感涙必至! 一大ブームを巻き起こしたドラマといえば!【独断偏見BEST3】

名シーンを見るだけで感涙必至! 一大ブームを巻き起こしたドラマといえば!【独断偏見BEST3】

韓流マシンは京楽だけのものじゃない! パチンコでドラマを完全再現!!

独断と偏見だけでパチンコのBEST3を決定するこの企画。

今回のテーマは韓流マシン。冬のソナタ以降、京楽からは「天国の階段」「太王四神記」と韓流マシンがコンスタントに登場。いずれのマシンも高い稼働を誇りました。そんな中、当然のように他メーカーからも韓流マシンが! 中には日本でも圧倒的人気を誇ったドラマがパチンコになったりしているんです。そこでここでは独断と偏見で京楽以外の韓流マシンBEST3を紹介! 当時のことを思い出しつつ堪能しちゃってください!!


【第3位】ぱちんこCR宮廷女官チャングムの誓い(Sammy)

第3位は2009年に登場した「ぱちんこCR宮廷女官チャングムの誓い」。日本では2005年頃にNHK-BS2で放送されていた韓国ドラマとのタイアップマシンとなります。

ドラマ内で登場した宮廷料理の数々をリーチアクションで再現! 本機の決め台詞といえば「実に美味い!」(笑)。打つとお腹が空く1台となっていました。もちろん見どころはそれだけでなくドラマの名シーンをふんだんに演出に採用。予告や確変中でも多くのシーンを楽しむことができました。

ちなみにスペックは潜伏確変ありのミドルタイプ。大連チャンを狙うタイプではなく、ゆっくり演出を楽しめる安定したゲーム性となっていました。

【第2位】CR美男ですね(TAKAO)

第2位は2016年登場の「CR美男ですね」! 韓国では2009年に放映、2011年には日本リメイク版も製作されたほどの人気のドラマのタイアップ機です。

本機の魅力はなんといっても圧倒的な数を誇るリーチアクション。なんと実写リーチだけで全30種類! もうドラマ内で使ってないシーンはないのでは、というレベルの贅沢さで、誰のファンでも納得の完成度となっていました。しかもドラマ内で使用されたBGMが大量搭載されている他、選択したメンバーが背景や予告などで出現するマイメンバーセレクト機能も用意されていました。

スペックは王道のミドルタイプ以外に「ライト」「甘デジ」「ちょいパチ」も存在。前述のチャングム同様、遊びやすさ重視のゲーム性でした。

【第1位】CRフィーバー春のワルツ(SANKYO)

そして第1位にチョイスしたのは2008年に登場した「CRフィーバー春のワルツ」です。2006年に韓国で放送されたがモチーフの1台で、「冬のソナタ」を含めた「四季シリーズ」といわれるドラマシリーズの最終作となります(他に「秋の童話」「夏の香り」)。

そんな本機はとにかくそのわかりやすさが印象的韓流パチンコといえばこの流れだよね、という王道アクションが満載。初見から物語に入り込めるゲーム性となっていました。もちろん名シーンや名セリフも満載で、ドラマ内で重要な役割を持つ貝殻はギミックとして搭載! 大当りにも物語にも重要な存在となっていました。

スペックは突然確変搭載のミドルタイプと演出以上にわかりやすさ重視! パチンコを知らない韓流ファンの人でも簡単に遊べるゲーム性でした。


というわけでお届けした韓流マシンBEST3。いずれのマシンも京楽の韓流マシンとはまた違った特徴があるのがよくわかりますよね。そして共通しているのは「遊びやすさ」。複雑で出玉重視のゲーム性ではなく、とにかくシンプルで演出を楽しめるマシンとなっています。最近はあまり韓流マシンは登場していないのでファンの人はさみしいかもしれませんが、今後の展開に期待しましょう!

今回はここまで! 次回もお楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー