スマスロキン肉マン~7人の悪魔超人編~×設定15⑥実戦

スマスロキン肉マン~7人の悪魔超人編~×設定15⑥実戦

話題機種の実戦!


どうもー宮崎のガリガリマンこと日向七翔です。

今回実戦するのは「スマスロキン肉マン」。事前情報でAT性能が高いと聞いていたので楽しみにしていた台です。

さらに僕が今回担当させてもらうのは、114.9%と現行機最強クラスの機械割を誇る設定6。せっかく導入前に実戦させてもらえる機会、良い感触を掴みたい所ですね。

それではさっそく実戦開始!

cl04-1.jpg

cl04-2.JPG
通常時は基本的に液晶左下に表示されている超人パワーの規定数到達を目指すゲーム性。超人パワーは1G1万パワー増加+正義超人チャレンジという特化ゾーンにて貯める事ができます。

モードは3種類。
【通常A】超人パワー100~200万パワー、500~600万パワーがチャンス
【通常B】超人パワー200~300万パワー、600~700万パワーがチャンス
【チャンス】超人パワー300万パワー以内でAT当選

現在詳細は判明していませんが、初当りに設定差がある以上高設定は良いモードが選ばれやすいor早い規定超人パワーが選ばれやすいはず。

僕の台はここまで267万パワー(チャンス?)→370万パワー(モード不明)と選ばれているので、これが設定6の力ですかね。

cl04-3.JPG

AT「7人の悪魔超人」は、セット数管理で純増約6.1/G枚。

前半パートとバトルパートに分かれており、バトル勝利やVストックにてATを継続させていきます。

バトルパート中はいわゆる絆高確的な対応役があり、対応役を引ければ勝利確定。7セット継続するとエピソードへ移行となっております。

cl04-4.JPG

対応役を引ければOKとはいえ、やってみるとこれがなかなか難しい。僕の台は2連続でAT単発終了。たぶんこの台は対応役勝利がメイン。なので、対応役が引けなきゃかなり厳しい戦いになりそうですね。

ただバトル中に対応役が複数回成立すれば、1回目で勝利・2回目以降はVストックとなるので、固めて引ければかなり強い。バトルパートでは対応役の複数回出現を願いましょう!

cl04-5.jpg

cl04-6.JPG
…あれ? 全然当たらない(汗)。

初当り2連続で800万パワーオーバー。そしてATは2連→単発と出玉も出ず。かなりボコボコな展開に。

設定 正義超人チャレンジ AT初当り
L
1 1/99.8 1/404.1
2 1/98.6 1/400.6
4 1/96.3 1/362.1
5 1/94.2 1/350.7
6 1/91.7 1/336.5


本機は設定6でもAT初当り確率が1/336.5と重め。高設定でもこのぐらいのハマリは普通なのかもしれません。800万パワー越えとはいえ、実際のゲーム数は536G、554Gですからね。

こうなると短時間の初当り等で押し引きを選択するのは危険。設定判別をする時は早見切りをせず、時間をかけた方がいいかもしれませんね。

さて、ここまで全く見どころなし。設定6でこのまま終わってしまうのか!?

cl04-7.jpg

cl04-8.JPG

実戦終了。

ボコボコのまま終わるかとおもいきや、最後のATが爆発。なんとか一矢報いる事ができました!

cl04-9.JPG

爆発の契機となったのはバトル初戦でのバッファローマン出現。

バッファローマンは勝利したら以降のバトル全て勝利確定となるのですが、上手い事にバトル中に対応役を引いて撃破。そのままエピソード→悪魔将軍バトル→上位ATと繋げて、一気に約2400枚獲得となりました。

cl04-10.JPG

惜しむのはあまり上位ATが伸ばせなかった事。最初350枚スタートだったので、もっと伸びても良かったんですけどねぇ。上位AT中の上乗せが下手くそでした。

cl04-11.JPG

さらに上位AT後に突入した引き戻し期待度70%の魔界の荒野で、引き戻しができなかったのも痛かった。

バトル勝利→悪魔大行進→魔界の荒野→バトル勝利の魔界ループで出玉を伸ばすのが本機の王道ルートみたいなので、本当に今回は下手くそでしたね。

実戦結果まとめ

集計データ
総ゲーム数 2309G
AT初当り確率 1/461.80( 5回)
正義超人チャレンジ出現率 1/  92.36(25回)

実戦結果
仮想投資金額 5万3000円
獲得枚数 2272枚
差枚数 -378枚
仮想収支(※5.6枚交換) -8000円


cl04-12.jpg

かなり設定推測は難しい?


今回設定6を実戦して感じたのは間違いなく設定判別は難しいだろうなという事。

後半3回の初当りは全て800万パワー越えですからね。ただ、逆に言えば8~900万パワーで耐えれてる=天井までは行ってない。

もしかしたら設定6は天井までなかなか行かないとかはあるかもしれませんね。

cl04-13.JPG

それと今回の実戦中なにかしらの示唆なのではないかと思い、アイキャッチやメニュー画面のキャラをチェックしていたのですが、法則性は見抜けず。ここは今後の情報に期待ですね。

さて、今回の実戦はなかなか苦しい戦いとなりましたが、最後のATを見てもらえればわかる通り、本機は間違いなく爆発力がある台。さらにATの仕組みはかなり面白く作られてるなと感じました。

設定6の機械割の高さも素晴らしいので、個人的には導入されたら積極的に狙っていきたい台です。皆さんも導入されたら是非打ってみて下さい。

それでは導入をお楽しみに!

※本ページの内容の無断転載を禁じます。掲載内容は独自調査に基づくものであり、メーカーとは一切関係ありません。


 

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー