あれ?このホールこんなだったっけ…

周りを見渡すといつもと違う光景が…

減少傾向にあるとされるパチンコ・パチスロの遊技人口。様々な要因からホールの閉店も相次ぎ、より拍車がかかっているようにも感じます。確かに実際、ホールによるとは思いますが、空席が目立つようなホールを見かけることが増えているような気もします。

そこで今回の意識調査では、「遊技人口の減少を実感したことがあるか」についてお聞きします。

いつも混んでいたホールに空席が…周りに打っている人がいなくなってきた…そもそも自分がほとんど打たなくなった…など、寂しい限りですがいろいろな理由で実感する人もいるのではないでしょうか?

はたして、減少を感じている人はどのくらいいるのか。また、あわせて減少していると感じた理由それに関するご意見もお待ちしています!

あまり実感したくはないですが、現状ははたしてどうなっているのか…これは結果に要注目です。

粘ればいいってもんじゃないのかも…

パチスロを打っていて間違いなく歓喜するのが「高設定が確定」した瞬間

実戦機種がノーマルタイプであれば閉店ギリギリまでブン回すのみですが、それがAT・ART機だった場合は、人によって立ち回りが変わるのでは…と思います。

そこでもう1つの意識調査は「AT・ART機で高設定台を掴んだ時、何時まで打つ?」。

取り切れないリスクを回避するため少し早めに終わる場合もあるでしょうし、そんなこと関係ないとばかりにギリギリまで回す場合もあると思います。

はたしてみなさんはどのくらいまで粘って、どこで見切るのか。もしかしたらこの回答が今後の立ち回りに役立つかもしれません! それだけに結果は要チェックですよ。

気になるみなさんの回答はここでチェック!

今回は「遊技人口の減少」について、そして「高設定台をつかんだ時の遊技時間」についてをパチマガスロマガモバイルTOPページにある「パチマガスロマガ意識調査」へアクセスして教えてください!!  

この調査の結果は、後日パチマガスロマガFREEにて記事として公開予定なので、気になる方はそちらも必見ですよ。

はたして気になるランキングは…要チェック!!

意識調査へはここからもアクセス可能!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー