旅打ちよ、もう1度! 一縷の望みをかけて原大駆が再研修からの仮想旅打ちに挑む!【PLAYBACK/究極の旅打ちパチンコサバイバル vol.9】

まずは基本事項をおさらい ガチプロからしっかりポイントを教わる!

パチンコ攻略マガジン 2016年7.23号~

以前、掲載した袴一平による「究極の旅打ちパチンコサバイバル」の1つ前。2016年6月に北海道をスタートした「パチンコサバイバル」が存在しました。

それがパチンコ旅打ち第1弾となる「日本縦断編」。その旅打ち人は原大駆(はらだいく)50歳! 彼ははたしてどんな旅打ちをして、どんな結果を残したのか…。パチスロよりも難しいといわれるパチンコの旅打ち、その展開に注目です!

また、当然現在とは設置機種は異なるものの、その立ち回りは未知の土地で立ち回る際の参考になること間違いなし! 旅打ちの模様とあわせてチェックしてみてください。


旅打ちへの生き残りをかけた再研修がスタート!!

強い決意を胸に再研修に挑みます!!

前号でお伝えした通り、パチマガ初の旅打ちはリタイアという結果に終わりました。

しかし、仮想旅打ちでプラス収支6万円のノルマクリアと、読者の皆さんの裁定で60%以上の賛同を得られれば、再度旅打ちに挑戦できるというチャンスを頂いたので、旅打ちでリタイアした原因をしっかりと分析し、まずは仮想旅打ちで結果を残せるように頑張りたいと思います。

そんな中、迎えた再研修ですが、ガチプロの緑山淳さんから今回の旅打ちでリタイアした一番の原因は、台の時給計算ができていなかったことだと指摘されました。

確かに、台の時給計算ができなければ、その台を打ち続けていいのかなどの根本的な判断ができず、無駄な投資も増えてしまいます。そこで、実用的な時給計算の方法を教えて頂き、実戦の中で時給計算をするトレーニングを重ねました。

この成果は仮想旅打ちの中で活きてくると思いますので、教えて頂いたことをしっかりと実践して結果を残したいと思います。

今回はここまで! 次回もお楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー