有名武将が主役の台は数多あれどまず紹介するのはやはりこの機種!!【PLAYBACK/パチンコ進化論 歴史モノ・時代劇③】

ゲームやコミックとのタイアップ歴史マシンがズラリ!!

※当該記事は2017年発売の「パチンコ攻略マガジン」誌上の企画再掲載記事のため、記事の内容等が当時のものとなっております。また白黒の写真が中心となりますが、ご了承ください。

「パチンコ攻略マガジン」誌上にて2016年7月より連載が開始されていたのが「パチンコ進化論」。2016年までのパチンコの歴史、その細部にまで焦点を当て、紐解いていく企画となっていました。そして今回、その誌面記事をWEB上に完全再現! あらためてパチンコの歴史を確認していきます!!

第13回目となるこの企画。今回のテーマは「歴史モノ・時代劇」系マシン! 実写・アニメ関係なく多数のモチーフがパチンコ化されてきたこのジャンル。当然のことながらその歴史も深く、多数の人気台を輩出してきました。そんな歴史を今回は深掘り。あの人気シリーズを含め、まとめて4回にわけ振り返っていきます!


登場するシリーズ機すべてが人気!! 史上屈指の歴史マシン!!

慶次シリーズは現在までに8作品登場。慶次とともに直江兼続の人気も高く、スピンオフの漫画からパチンコ台にもなった。また、大河ドラマ「天地人」放映後の「花の慶次~愛」では、直江主役のストーリーリーチ「義の鉄拳」が初収録されている。

伊達政宗が主役の戦国乱舞。初代では、2回目以降の大当りは66%で連チャン。2作目の「戦国乱舞 紺碧の双刃」では、初当りの50%で3回1セットに突入とスペックが特徴的だった。

連チャン攻略でヒットした初代から6作品登場。2014年の「黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km」ではゴチ装置を初搭載し、注目を集めた。

「武神烈伝」は石田三成・浅井長政・明智光秀の3人が主役。本機のヒロイン、茶々・お市・濃姫が「戦国双天絵巻」ではメインキャラになっている。なお「天下烈伝」では敵役の織田信長が主役に!

 

信長以外の戦国武将台も数多くあり「真・本能寺の変」の主役は明智光秀。マルホンの2008年「戦国KIZUNA」は直江兼続(2作目は伊達政宗、3作目は真田幸村)が主人公。ニューギンの2010年「戦国武将烈伝 伊達政宗」は伊達政宗、2015年「センゴクー史上最も失敗し挽回した男-」は仙石秀久が主役の漫画のタイアップ。

その他、戦国武将以外の台も。ニューギンの2011年「座頭市物語2」(初代は2007年)や2002年「お江戸でごじゃる」、平和の1997年「将軍ちゃま」や大都技研の「吉宗」シリーズ(初代は2010年)などがある。

今回はここまで! 次回(8月25日更新予定)は歴史モノ・時代劇特集ラスト! 引き続き2D・CG系マシンをお届け! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー