時代劇は京楽マシンだけじゃない! 各メーカーの歴史系機種も多数存在!【PLAYBACK/パチンコ進化論 歴史モノ・時代劇②】

パチンコを打つだけで「大河ドラマ」を見たような気分になれる!?

※当該記事は2017年発売の「パチンコ攻略マガジン」誌上の企画再掲載記事のため、記事の内容等が当時のものとなっております。また白黒の写真が中心となりますが、ご了承ください。

「パチンコ攻略マガジン」誌上にて2016年7月より連載が開始されていたのが「パチンコ進化論」。2016年までのパチンコの歴史、その細部にまで焦点を当て、紐解いていく企画となっていました。そして今回、その誌面記事をWEB上に完全再現! あらためてパチンコの歴史を確認していきます!!

第13回目となるこの企画。今回のテーマは「歴史モノ・時代劇」系マシン! 実写・アニメ関係なく多数のモチーフがパチンコ化されてきたこのジャンル。当然のことながらその歴史も深く、多数の人気台を輩出してきました。そんな歴史を今回は深掘り。あの人気シリーズを含め、まとめて4回にわけ振り返っていきます!


誰もが知る有名な時代劇が次々とパチンコに!!

「暴れん坊将軍」シリーズも既に10年以上の歴史があるが、気付けば藤商事お得意のホラー要素を盛り込んだ「怪談」で6代目となりシリーズ作では京楽の「仕事人」シリーズを超えている。吉宗役の松平健は「マツケンサンバ」でもパチンコになっている。

初代は最大12ラインのダイジェストリーチや“暴将軍”停止目で始まる暴れん坊チャンス、確変確定ではない白馬全回転などまさに暴れまくりの演出を搭載。

シリーズ機「EJ」にパチンコ史上初の「突然確変」が搭載されたことで有名な「木枯し紋次郎」他、平和も時代劇モノ(コラボも多いが…)を結構出している。

「七人の侍」はパチンコ専用の豪華キャストによる全編撮り下ろしで黒澤映画の名作をリメイク。「陰陽師」と「清水の次郎長」はTVスペシャルドラマのタイアップ。

高橋英樹主演の「桃太郎侍」は平和と藤商事から。青山倫子主演の「逃亡者おりん」はTVシリーズは2まで。「長七郎江戸日記」で里見浩太朗がパチンコ初登場となる。

「眠狂四郎」では細川茂樹、「大奥」では川島なおみ&井上和香が実写でコラボ。豊丸の「悪代官」は悪ノリ時代劇パロディ作品(笑)。

今回はここまで! 次回(8月18日更新予定)は実写だけじゃない! 2D・CG系の歴史マシンをお届け! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー