いざ旅打ちスタート前に…パチンコ初代旅打ち人・原大駆はこうして誕生した!【PLAYBACK/究極の旅打ちパチンコサバイバル vol.1】

研修期間はなんと約2ヶ月間! その過程をすべて公開!!

パチンコ攻略マガジン 2016年7.23号~

以前、掲載した袴一平による「究極の旅打ちパチンコサバイバル」の1つ前。2016年6月に北海道をスタートした「パチンコサバイバル」が存在しました。

それがパチンコ旅打ち第1弾となる「日本縦断編」。その旅打ち人は原大駆(はらだいく)50歳! 彼ははたしてどんな旅打ちをして、どんな結果を残したのか…。パチスロよりも難しいといわれるパチンコの旅打ち、その展開に注目です!

また、当然現在とは設置機種は異なるものの、その立ち回りは未知の土地で立ち回る際の参考になること間違いなし! 旅打ちの模様とあわせてチェックしてみてください。


厳しい選考を見事勝ち抜き旅打ち人に!!

旅打ち人になるため福岡から単身東京へ

「旅打ち」に応募するまでは、福岡県の実家で暮らしていました。毎日、朝から晩までパチンコを打っていられるほど、パチンコが大好きで、メーカーさんが主催しているぱちんこツアーにもよく参加していました。

昔から、いつかはパチンコ雑誌に携わる仕事がしたい! といった夢を漠然と抱いており、この旅打ちに応募するきっかけも、福岡で行われたツアーで、攻略軍団の助六さんに相談し、背中を押されたことがきっかけとなっています。

この旅打ちを通して、パチンコの楽しさ、旅の楽しさを伝えることはもちろん「50代でも夢を叶えられる」という姿を読者の皆さんにお伝えできるように頑張ります!

研修も終え、旅打ち準備は万端!

この研修を受ける前も、自分なりの台の見極め方にはある程度の自信がありました。

しかし、実際に軍団・ライターの方々と一緒にホールを回り、お話しを伺っていく中で、自分が間違って覚えていた部分もあったことに気付け修正することもできましたし、自分が正しいと思えた部分はより自信を持つことが出来ました。

実際の旅打ちの中で、収支が上がらずに精神的にも追いつめられる時期は必ず来ると思います。そんな時は、この研修で皆さんから教えて頂いたことを思い出し、自分の選択は正しいんだ!と前だけを向いて頑張っていきたいと思います。

皆さんの応援を力に頑張ります!!

たくさんの方から「絶対ゴールしてここに戻って来い」という応援を頂き、「自分は一人じゃないんだ。応援してくれる人の分も頑張ろう」という思いを抱くとともに、「これから本当に旅打ちが始まるんだ」という実感が湧いてきました。

締めの挨拶では「来年の今頃は、無事に福岡にゴールして、今度は皆さんと一緒に祝杯をあげたい」という誓いを立てさせてもらったので、実現するためにも、精一杯努力し、絶対にゴールしてまたこの場所に戻ってくるぞ!と自分に気合を入れ直しました。

今回はここまで! 次回もお楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー