【パチスロ】来週導入のハードボイルドが楽しみすぎる【新台語りタイ!】

【パチスロ】来週導入のハードボイルドが楽しみすぎる【新台語りタイ!】

「あの台」にも似ています

こんにちは、トニーです。

今回は10月3日から導入が始まる『パチスロハードボイルド』について語りたいと思います。

本機は2001年に登場した4号機の『ハードボイルド2』のゲーム性を色濃く継承していて、試打した感想を率直に言えば、「懐かしい。あの時のままだ~」と気持ち良くなっちゃうくらい、そのまんまでした。

効果音や演出も4号機のそれだったので、当時を知っている40代以上の方にはそりゃもう突き刺さること間違いなしですよ。

では、30代以下の方には響かないかといえば、そんなことはありません。

なぜなら、本機のゲーム性はアレに似ているんですよね。

 

~基本的なゲームの流れ~
●通常時にボーナスを当選させる(ボーナス合成確率は1/188.2~1/153.6)
●ボーナス後はAT突入のチャンス。全4種類のボーナスごとのAT突入率は以下の通りです。
・スーパーBIG…AT突入濃厚
・BIG…AT突入率は約50%
・REG…消化中のレア小役でAT抽選。実戦上、REGからのAT突入は期待できないです、はい。
・プレミアムREG…AT突入濃厚。さらに50%でプレミアムAT「RUSH1000」に当選
●ATは1セット50Gの完走型。純増は約8枚/Gで、AT中はボーナス抽選を行っています。

ボーナスは4種類ありますが、その大半がBIGorREGです。

BIG後は約50%でATに突入し、その後はATとボーナスを絡めて出玉を増やすんですよね。

さらに言えば、本機は通常時のスーパーBIGとBIG中に2コマ目押しの技術介入要素が存在し、それを完璧に行うことで機械割は設定1でも100.2%とアマいんですよ。

とにかく、勝つための王道ルートは、BIGをたくさん引くこと、そしてAT突入率の約50%をクリアさせまくることです。

これら2つの要素を理論値以上に上手くやれば設定1でも大量のメダルを吐き出し、逆に設定6でもこれらが下手だと苦しい展開を強いられるという……。

どうでしょう? 

ゲーム性、機械割がアマいこと、勝つためのルートを聞くと、何かに似ていると感じませんか?

そうなんです、あのディスクアップの雰囲気も漂っているんですよね。

4号機のハードボイルドが好きな方でも、今のディスクアップシリーズが好きな方でも、年代を問わず楽しめると思いますよ。

では、最後に本機の一番アツい瞬間でもある、BIG後のジャッジルーレット演出(AT突入か非突入かを告知する演出)の注目ポイントを紹介しますね。

ジャッジルーレットのチャンスアップパターン

・ルーレット開始時に「RUSH」マスが多い
・ルーレット停止時のRUSHマス表示数が多い(「RUSH・ハズレ・RUSH」のマス表示はチャンスアップ)
・ルーレット停止時に「RUSH・ハズレ」の2択
・ジョニーがハズレマスを塞ぐ

上記4つがチャンスアップパターンなのですが、その中でも「2択」と「ジョニーがハズレマスを塞ぐ」の2つは実戦上、激アツです!

あと、忘れちゃいけないのが「RUSH1000」。

本機を打つからには一度は引きたいプレミアムで、その名の通り、ATが20セット以上継続(1セット50GのAT×20=1000G)するので、その破壊力たるや言うまでもないですよね。

突入契機は「プレミアムREG当選時の50%」「スーパーBIGとBIGの一部で突入」の2つ。

RUSH1000は、このようにレインボー文字のRUSHが目印となりますので、これがもしもジャッジルーレット演出で出てきたら……きっと息ができないと思います。

だって、それを想像しながら原稿を書いているだけで、「頼む!レインボーのマスにボール入ってくれ!」って意味もなくドキドキしちゃいましたからねっ!

パチスロハードボイルドの最新情報はパチマガスロマガモバイルにて随時更新中!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー