本当にスマスロエヴァの初当りは重すぎるのか?【スマスロエヴァ緊急座談会PART2】

本当にスマスロエヴァの初当りは重すぎるのか?【スマスロエヴァ緊急座談会PART2】

エヴァシリーズ初のスマスロということで、早くも話題となっている『L エヴァンゲリオン~未来への創造~』。

今回はそんな本機を試打した3名で緊急座談会を開催。気になるゲーム性や出玉性能についてぶっちゃけトークを2回にわたってお届け。今回は後編!

 

こちらもオススメ▶初当りを引けば1200枚オーバー!? その実力は!?【スマスロエヴァ緊急座談会PART1】

【座談会参加メンバー】
■レビン
お気に入りの機種はひたすら打ち込みまくるスロマニアで、非常にアツ苦しい(誉め言葉)機種解説動画は多くのマニアから支持を集めている。北斗&番長シリーズに詳しい人…と思われがちだが、実はエヴァシリーズもかなり好き。

角屋角成
かつてスロマガの看板旅打ち企画「決死のパチスロサバイバル6」を制覇してライターデビュー。プライベートの打ち込みもかなりのもので、7月までに登場したスマスロは全て実戦済み。

■菊丸
ノーマルタイプと萌えスロをこよなく愛する二刀流ライター。現在はスロマガモバイルサイトの機種ページ作成にも携わっており、6号機全般の知識量はライタートップクラスを誇る。

 

 

引き続き角屋・菊丸・レビンの3名でお届け

初当りが重すぎる?

編集(以下・―)巷では初当りが重すぎるんじゃないか…なんて声も聞きますが、それに対してどうですか?

基本スペック
設定 初当り AT確率
1 1/725.3 1/932.3
2 1/701.9 1/862.2
4 1/659.2 1/762.2
5 1/614.6 1/674.4
6 1/588.8 1/620.2

角屋:そもそも見た目からして重いフォルムしてるじゃないですか。あの金EVA図柄を見て初当り軽そう…って思って打ち出す人いないでしょ(笑)。

レビン:まあ言いたい事はわかるけど、それってちょっと話逸れてない?(笑)

菊丸:まあ、角屋の言いたいこともわかります。自分もゴッド系の台っていう認識なので、ある程度覚悟は持って座れるかな。ただ重さに対する納得の答えはほしいですよね。

レビン:自分としてはさっきも話に出たけど、当たったら約85%はプレミアムAT(CZ経由の初当り)に突入して1000~3000枚が現実的に見える。少なくとも500枚以上の塊がほぼほぼもらえるっていう安心感があるうえでの数値だから、納得感はあるかなと思ってる。

菊丸:その点は嬉しいですよね。確率はまあまあ重いのに、やっと当たったと思ったら100枚以下で終わり…なんて台が珍しくないですからね。それもあって、これはこれでアリなのかなと思います。ヴァルヴレイヴなんかも実質のAT当選率は約1/1000とも言われていますから、特別にこの台だけが重い…ってこともないのかと。

角屋:ネットとかだと特に「重い」みたいな言葉が独り歩きしがちですけど、基本みんな批判するのが好きですから(笑)。

レビン:それはあるかもね。穏やかな6号機初期から始まって。それがつまんないから一撃性持たせろってなったのに。一撃性を持たせたら今度は激しすぎて打てないって言う人もいるからねえ。

菊丸:あとはあえてこの数値を堂々と出しているって事は、それ相応の見返りがあるのかなって気もしてますよ。まあ、ないと困るんだけど(笑)。

角屋:この手の台に必要な一撃性はちゃんとありますからね。上位ATも搭載されていますし。

菊丸:上位ATって純増が約5枚に上がって、最大で3600枚上乗せが発生するってやつだっけ?

角屋:ですね。しかも上位ATは全ATのセットに突入のチャンスがあるらしいんで、そういう意味でも毎セット期待しながら打てるのはいいかなと思いますね。もちろんそんな頻繁にはいかないんでしょうけど。

レビン:自分は上位ATを体感できなかったんだけど実戦で入った人っている?

角屋:いえ。入った人はまだいないですね。ただ自分が設定6を1日実戦した時は、プレミアムAT(CZ経由の初当り)を積み重ねて差枚で4000枚くらいは出たんで。上位ATなしでも普通に戦える台だと思いますよ。

チャレンジスペックこそがエヴァの王道

では続いて演出面についてはいかがでしょう。

レビン:自分は前作がけっこう好きだったから。その名残があったところもあって懐かしかったな。ゲーム性は別ものなんだけど、そういう好きだった部分が継承されつつの進化だったからそこは良かったなって思った。

角屋:エヴァイズムですね。他の人達も同じ思いかはわかりませんが(笑)。レビンさんにとってのエヴァイズムはしっかり継承されていると。

レビン:そうそう。けっこう変化しているようで何か懐かしい感じもして良かったな。

菊丸:前作が好きだった人も打ちやすいかもしれませんね。

角屋:あとはけっこういろんな演出から金EVA揃いがあったんで。

レビン:へえ~! それはいいじゃん。

角屋:ハサミ打ちでテンパイして、しかも弱い演出で。これ中段リプかな? 赤7かな? って思って中リールを止めたら金EVAが揃うという。

菊丸:いいねえ!

角屋:こういうのってGODシリーズではほとんどやらないじゃないですか。

レビン:うん、やらない。

角屋:これってオマージュだからできると思うんですよね。エヴァだからそういう変化球も投げられるのかなって。

菊丸:確かに王道ではできないかも。

レビン:菊丸はどうだった?

菊丸:自分としてはCZに行く前の前兆ステージが気になりましたね。あそこの仕組みはちゃんと伝える必要はあるかなって思いました。

レビン:そのへんの詳細はもうわかってるのかな?

菊丸:あそこは基本、レベルを上げて…。

レビン:そう! あれって前作を踏襲してるよね! 懐かしい。

菊丸:そこですぐ前作の話が出てくるの怖いんですが(笑)。

レビン:いやいや。実際本当にアツくなれるから!

菊丸:今作もそういったポイントが引き継がれているようなので、理解が広まることでより楽しめるかなって感じました。

角屋:ですね。あそこはリプレイ引けよ! ってイライラしたり楽しめるポイントにはなるかなと思います。

レビン:で、そんな時に確定役が出たり…みたいなこともあるから、この手の台は面白い。

菊丸:はい、そのへんはゴッド好きの人にもウケそうです。それと個人的に思ったのが、あまり「エヴァ感」を押し出していないので、コンテンツに疎くても打ちやすくなったかなと思います。

レビン:数字回ってるしね(笑)。

角屋:エヴァってノーマルタイプがひと段落したあと、ARTでリンゴを揃える奴が出てきて、以降は好き勝手やるのがエヴァって感じしません?

レビン:ああ。確かにそれはわかる。

角屋:チャレンジスペック作ります! みたいな。

レビン:あ! 今の方が良い言い方。『チャレンジスペック』だよね! 『好き勝手やる』は良くない(笑)。

一同:ははははははははははは!

角屋:そのひとつですよね今回も。ゴッドタイプで言ってみようっていう。そういう意味では、今回のスペックもいつもの流れを汲んでいると言ってもいいんじゃないかと思います。

レビン:これがエヴァの王道と言えば王道かもしれないね。

角屋:それでいて、キャラはレイ<アスカ<マリ<シンジ<カヲルの順にアツいみたいなわかりやすさもあるし。

レビン:演出もいろいろあって次回予告とか、ロンギヌスの槍とかあるみたいなんだけど。

菊丸:そのへんは対応役が何か気になりますね。めっちゃアツそうだけど、チャンスゾーンだけとか? 確定役は確定とか?

レビン:プッシュボタンから次回予告…とかありそうだな。

角屋:ああ! それはしっくり来ますね(笑)。

すみません。話がどんどん散らかって来たので、本日はここらへんで締めたいと思います。では最後にスマスロエヴァのポイントをズバリお願いします。

レビン:打ちやすい! わかりやすい! 当たれば平均1200枚オーバー!

角屋:ホントそれが全てですね。

菊丸:これまでのスマスロに疲れたおじさんも楽しめると思います。

レビン:いや、おじさん以外の人も楽しめるよ!(笑)

ありがとうございました。

 

 

ホール導入は今秋予定!

というわけで2回にわたってお届けしたスマスロエヴァ緊急座談会はいかがだったでしょうか。

初当りの約85%がプレミアムATで平均獲得は1200枚オーバー! ということで、既存のスマスロとは一線を画すスペックでホールを盛り上げてくれそうです。

気になる続報は、当サイト&パチマガスロマガモバイルにて順次更新予定となっているので乞うご期待!

ライター紹介

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー