5号機ジャグラー『ラブリージャグラー』どれだけ打ち込んだ!?【喰うならやらねばSIDE-B 第123回】

5号機ジャグラー『ラブリージャグラー』どれだけ打ち込んだ!?【喰うならやらねばSIDE-B 第123回】

(中編からの続き)
中編の模様はコチラ▶総投資20万9000円!『ラブリージャグラー』果たして回収は!?

担当(以下・担)『さて「ラブリージャグラー」の基本的なゲーム性はこんな感じでした』

ラブリージャグラーゲーム性 スペック表


しのけん(以下・し)
『ジャグラーなんで基本ゲーム性は一緒だけど、ラブリーのウリはREGの獲得枚数かな』

『REGで154枚獲得は5号機ジャグ、もちろん6号機を含めても一番多い枚数ですね』

『BIGの枚数も多めで平均すると約311枚獲得。最高で327枚。4号機のBIGと同じように小役ゲームとJACゲームが存在していて獲得枚数に多少ムラがあった』

『そこら辺って他のジャグと比較して違い感じました?』

『ぶっちゃけ、マイジャグが席巻するまではジャグシリーズそこまで打ち込んでいなかったから気にしてない(笑)。ラブリーで強く記憶にあるのは、7揃いBIGとBAR揃いBIGのフラグが別で、GOGOランプが赤く光ったら7揃いBIG確定って部分かな』

『あー確かにそうでした。BIGフラグが別でしたねぇ(笑)。あと今回は1回交換全台設定5・6との事でしたが最終的にはプラス1万4500円のプラス。実際の設定はどう感じましたか?』

『自身が打った台のボナ確はBIG確率が1/266.97・REG1/471.12。ラブリー全体の合算のデータも残していて7万ちょいの総ゲーム数でBIG1/260.73・REG1/416.56だった。「全5・6で5・6ハーフ」とかアピールしていたら「本当かよ?」と思えるけれど、1台だけ6であとはオール5とかだったら有り得る感あるデータだよね。正解は闇の中…』

『とりあえず信頼できるホールではあったんですよね?』

『うん。まぁそれでも確定演出とかがある台がほぼ無かったから、今回みたいにノーマルタイプだったら全台合算を見るとか、座れば勝率高いから信頼できる…程度なニュアンスだったけどね』

『日記を読んで、途中交換せずに常に現金入れ続けた軍資金の量に笑っちゃいました(笑)』

『1回交換で打つ可能性があった訳だから、そりゃ家出る前に用意するよ(笑)。後ろに貯めたコインを流すのは確かダメだった記憶あるし』

『なんですかそのルール(笑)』

『面白い時代だよね(笑)』

『先ほど、5号機ジャグはマイジャグが席巻するまであまり打っていなかったとの事ですが、やはりマイジャグのスペックは別格だった感じですかね』

『ラブリーだって設定6は110%ある訳だし、今考えれば飛びついて打っても良いスペックだよ。ただこの頃はリンかけの119%しかり5号機のスペックアップが著しい時期だったから、自分の中でジャグを敢えて打つって言う理由はそこまでなかった』

『なるほど』

『5号機アイムなんて「設定6が確定していたら打っても良いかなぁ…」くらいな感じだったし。今思えば贅沢な意見なんだけれど、そういう発言がまかり通るくらい立ち回り次第でもっと上を狙えたって事』

『だからこそ日記でもジャグに触れる機会が少なかったんですね』

『月に27日くらい打っていた中の2回の稼働日を選んで日記を書くのがノルマだった中、実戦データ的に盛り上がりに欠けるジャグ打った日を選ぶ機会はどうしても少なくなるよねって事』

『なるほど。等価1回交換という特殊な営業形態だったからこそラブリーも日記になった感じですしね』

『その通り』

次回喰うならやらねばSIDE-Bは10月20日掲載予定!

6.5号機の最新情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー