第287回 高設定でも出ない6.5号機『ペルソナ5』だからこそ扱いが良い!?【しのけんの喰うならやらねばF】

第287回 高設定でも出ない6.5号機『ペルソナ5』だからこそ扱いが良い!?【しのけんの喰うならやらねばF】

担当(以下・担)『今回の日記(※第285回・第286回)は、「ペルソナ5」の設定6確定台を打った日の稼働でした』

▶第285回 周年ホールに足を運ぶも『麻雀物語4』気付けばホール放浪へ

▶第286回 全台系狙いで『ペルソナ5』虹トロフィー出現!!

 

しのけん(以下・し)『いろいろありつつなんとか辿りつけた感じの1日でした』

『ちなみにこのペルソナ5は当日記でも初掲載、そしてしのけんさん自身も設定狙いは初だったそうで』

『うん。触れてなかったね』

『それはどうしてですか?』

『単純にペルソナ5は設定推測しづらい&結果が伴いづらいイメージがあって』

『ただ今回は触れたと』

『うん。昨今は設定6でもまともに出ない系の6.5号機に対する扱いが良いホール増えてきてさ。まさに今回のホールもそんなところを全台系シマにした感じだし』

『で、そんな6.5号機であるペルソナ5でしっかりと設定6をツモれた訳ですが』

『経験出来たのはプラスだけれども、やっぱり推測は難しいよなぁ…ってのが正直な感想。この時の全台系は全台設定6だったと思うんだけど、そんな状況でも疑心暗鬼に陥りながらの稼働だったし。こんなんじゃピンの設定6を探すなんてのは尚更難しいよなぁって』

『だからこそ、そういう系の6.5号機のホールの扱いが良くなっているんですかねぇ』

『まぁ設定6を打てたけど推測は難しかったって言うだけで終わるのもなんだから、今回の稼働で肝となる部分を少しピックアップしてみたよ』

『おお。PC→AT間回数なんかは参考になりますね』

『PC平均2回ちょいでATに繋がっているってのはAT間が軽いと言えるけれど、コレも同色PCやPCexに救われているのを含めてだからね』

『AT初当りに関してはメーカー発表の設定6の値に近いので、概ね設定6であればこれくらいのペースでATには入ってくれるんでしょうね』

『うん。そこに「AT直撃」なんて要素も絡めば「高設定かも」なんて背中を押されるのかもだけど、今回はAT直撃0回』

『奇数偶数の参考になる疑似ボPCの色もほぼ1対1に近い結果』

『いかんせん低設定の経験も無い状態だから、この挙動が設定6だとレアなのかありがちなのかの比較も出来ずただただ打ち切った感じ。ある程度最初に出玉築けたから気持ち的に楽だったのが救いだよ』

『結論から言うとやはり推測は難しいと』

『昨今の傾向として、挙動での推測が難しい台は、終了画面示唆とかで特殊なのが出やすい傾向があるんだけど、ペルソナ5はそこら辺も厳しいのがネック。結局ジャグみたいな感じで挙動よりホール傾向が一番の肝となる台。だけどジャグより気軽に手は出しづらい…』

『そりゃ下手に手を出したくはないですね(笑)』

『そう思って避けてはいたけれど、前述したように高設定打っていても苦しみがちな6.5号機にしっかり高設定を入れてくるホールが最近増えてきた。だから今後も触れる機会あるんだろうなぁ…って機種かな』

『なるほどです』

(後編に続く)

続きは1月8日6時に公開予定!

最新機種の攻略情報はパチマガスロマガモバイルにて公開中!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー