5号機ノーマルタイプ『楽シーサーR』めちゃ好き機種の一つ!【喰うならやらねばSIDE-B 第112回】

5号機ノーマルタイプ『楽シーサーR』めちゃ好き機種の一つ!【喰うならやらねばSIDE-B 第112回】

-1995年に連載スタートした稼働日記"喰うならやらねば!"の過去連載を振り返る『喰うならやらねばSIDE-B』。

今回は役モノシーサーが魅力的なノーマルマシン『楽シーサーR』編。

 

▶しのけんのその他連載日記はコチラから◀

 

 

巨大シーサー役モノの動きに思わずアツくなる!

担当(以下・担)『今回の喰うやらSIDE-Bで振り返るのは、「楽シーサーR」。楽シーサーシリーズの第1弾です』

しのけんSIDE-B 楽シーサー筐体


しのけん(以下・し)
『ぬおお懐かしい。完全告知に近くてシーサー役モノの口が開いてパトライトがキュインキュインするだけのノーマルタイプなんだけど、役モノがカタカタ動く感じがめっちゃ好きだった』

『スペックはこんな感じでしたね』

楽シーサー スペック表


『5号機でもやっとこ軽めのボーナス確率のノーマルタイプが登場してきた頃の台で、今見ると今のノーマルタイプのボーナス確率に近いね』

『それでいてワンBIG310枚出るのだから、やはり今の機種より瞬発力がありますよね』

『それを言ったら4号機はあんま変わらない確率でワンBIG450枚くらい出ちゃう台が当たり前にあったからさ(笑)』

『確かに(笑)』

『推測要素等は後ほど語るけれど、スペック的にもとてもバランス取れた台の一つだったかなと』

『と言う訳で、この楽シーサーで立ち回った2007年9月と11月の稼働日記2本を今回はお送りします!』

 


しのけんSIDE B 楽シーサー

いまだ続く9月の不調 最終日に起死回生なるか!?

9月〇日

気付けばまたひとつ歳を重ね、この生活を始めてから16回目の誕生日を迎えてしまいました。

始めの頃は、ただガムシャラに日々を過ごしていたに過ぎませんが、次第に周りを見る余裕も生まれ、モノの見方や考え方に関しても多少は変化が生まれたように思えます。

とは言え、変わっていないモノがひとつだけあり、それはパチスロに対する心構え。パチスロと出会い、こんな生活をして行こうと覚悟した時の初期衝動は今も変わりません。

さて、そんな衝動とは裏腹に、今月の結果はなんとも厳しい。誕生日すら稼動に当てて(まぁ毎年の事だけど)、少しでも月のトータル収支を補おうと心がけたものの、結果は伴わず、いまだ100万近くノルマに届かず。

今日が9月の最終日で追い詰められた状況ではありますが、やれる事をしっかりやって立ち回るのみですわ。

本日向かうホールは、各機種設定6投入系イベントを行う店。プラス全6シマもアリなのですが、全6シマはスペック的に厳しい台が対象となる傾向が強いので、あくまでメインは各機種に存在する6狙い。

今日は休日なのでいつもより人は多いものの、並び替え抽選を行うのでその時間ギリギリに到着して、抽選を行うのでありました。

すると思いのほか早い番号を引け、ちょいとイヤらしい考えが芽生えてしまう自分(笑)。

元々、エヴァ2の狙い台を押さえて、否定されたらまだある他の設定6を探すってな予定でしたが、ハイスペック機で設定6をツモれば、ノルマクリア可能かも…と。

リンかけも狙い台が2台あるので、どちらかが取れれば十分その可能性も生まれる訳で…気付けばリンかけのシマに走っている自分がいましたよ。

早速勝負を開始すると、9000円投資の272GでBIG。ここでイキナリ女BIG2が出現し、ちょっとだけドキッ! しばらくヤメられなくなりそうですわ。

…そんな予想は見事に当たり、展開も設定推測要素の面も微妙でヤメるにヤメられず。噴いている台があればヤメるキッカケにもなるけど、それが見えてきたのは3500G近く回したころで、当然自分の台ではありませんでしたよ。

時間は午後3時過ぎ。残された道はいまだ特定されていないシマの設定6を見つける事。んな訳でホール全体を見て回ると…ちょいと気になるシマ発見。それは「楽シーサー』。

このホールで曖昧な状況と言うのは、噴いている台が存在しない場合が多いのですが、このシマに限っては稼動している台全てが箱を持っている状況なのです。

少しばかりBIG中の様子を伺っていると、稼動してい3台ともがBIG中のハズレ多し。

今までの傾向は、低スペック機が全6シマの対象となる事が多かったのですが、普段稼動の悪い楽シーサーなら全6となる事も考えられます。う〜んコリャ攻めるべきか…。

とまぁ、ちょいと思考を巡らせたものの、結局は腹を決める自分。2000円で「キュイーン」と鳴くと、その後は飲まれる事なくジワジワとコインが増える状況に。設定推測面も上出来で、全6である可能性は濃厚となりました。

隣の客に「そちらも6っぽいですか?」と話かけられた時「ラクシーサーが全6っぽいよね」と、機種名を間違えるミスをおかしたものの(笑)、その後も順調にシマ全体が当たり続けている状況を見るに全6は間違いない。んな訳で閉店までぶん回すのでありました。

午後9時のメールで全6シマが発表されたころには、すでに楽シーサーのシマはプチお祭り状態。あと少し腹を決めるのに躊躇していたらチャンスを逃していたでしょう。

後半は空き台が生まれる事のまったくなシマの中にいられた事に安堵しつつ打ち切った結果、1782枚のコインを獲得。リンかけの投資分を含めても1万6500円のプラス収支で終える事が出来たのでありました。まぁ良しっ!

…そう言えば4号機は今日まで打つ事が可能でしたが、9月は初めて5号機オンリーでの勝負となりました。その結果がノルマクリアならずで終わってしまったのは反省すべきですが、この悔しさをバネに、完全5号機時代を乗り越えて行こうと思いますよ。

そしてもうひとつ。なんでか楽シーサーをラクシーサーと発しちゃう自分に反省。んな訳で、「ラクシーサーじゃなくタノシーサー、ラクシーサーじゃなく…」そう何度も呟きつつ、帰路につくのでありました(笑)。

楽シーサー 実戦データ

(中編に続く)

続きは8月26日6時更新予定!

6.5号機の最新情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー