スマスロに多い"あのシステム"について語らせて頂きたく御座候【ハイエナクソ芸人「あきげん」秋山良人のエナコラム】

スマスロに多い

期待値至上主義の方々、申し訳ございません

夢は大きければ大きい方が、壁は高ければ高い方が…子供の頃の夢ならそれが良いと思いますが、ハイエナにおいては違います。期待値高ければ高い方が良いけれど、高過ぎるが故に機会割が低くなり、勝率が下がるのは自明の理。

高卒で、しかも誰でも入れる高校の普通科を卒業したバカなのに、賢く見せたくて難しい言葉を使いたがるあきげんの秋山が今回もバカ丸出しで筆を執らせていただきたいと思って御座候。

毎回そうなんですけど、秋山の書いていることの8割は秋山の自己満足で、邪魔であり無駄です。今回も、要は「確定役や上位ATの存在により刺さるまでのハードルが高いけれど刺さってしまえば○千枚というフラグのせいで、期待値が浅いゲーム数からプラスになっていますが、その期待値を鵜呑みにして打っているとしんどいですよ」ということなので、無駄がお嫌いな期待値至上主義の皆々様、ご容赦いただけると幸いで御座候。

一撃ドカンには夢があるが…

昨今の機種はハードルの高い特定の条件を満たさないと上ブレしにくい機種が多いです。例えば…

「パチスロからくりサーカス」「L主役は銭形4」のような有利区間を完走してから上位AT系の機種ですね。刺されば一撃万枚も夢じゃない系の機種は、当たり前ですけど期待値は高く勝率は低くなります。

好きなだけ自分に時間が使えて、ドバイの石油王ぐらい資金があって、無限に試行回数が積めるならガンガン打てばいいと思いますが、秋山のようにちょっぴりのお仕事と、妻と子供のプレッシャーに耐えられない家庭生活を送っている人種であれば、ボーダーを高めにして打つべき機種だと考察している所存であると深く感じているべき議題であると天地神明に誓って御座候。

ここからはあくまでも秋山の個人的な稼働での集計ですが、拾える頻度は「パチスロ甲鉄城のカバネリ」「スマスロ北斗の拳」がダントツで良いです。しかも、上位に入れなくてもある程度の上ブレが期待できる系の台なので、結果も出ています。こういう台は少ない試行回数でも収支が安定しやすいので、秋山的にはオススメです。

もちろん、各々の稼働状況で条件が大きく変わるので、一概にこの機種が良いとか悪いという話ではありません。稼働状況拾える頻度機種の仕様を意識してボーダーを上げ下げすると収支が安定しやすくなる…というお話を、お目通しして下さっている貴殿の皆様方に誠心誠意申し伝えさせていただいた所存で御座候。

濃縮還元仕様

いかがだったでしょうか。夢は大きい方がいいかもしれませんが、大きな夢を追いかけると辿り着くまでに取り返しのつかないほどの犠牲が伴う可能性があります。ハイエナとは「負けを抑えて上ブレを待つ」スタイルの立ち回りで、特に負けを抑えることが重要だと思うので、秋山は大きな夢を見る時もできるだけ犠牲を少なく、小さな夢を積極的に狙っています。

最後になりますが、今回の内容をギュッとすると「期待値と勝率と試行回数のバランス」この16文字で全てです。拙い文章を最後までご一読していただき幸甚に存じる所存で不徳の致すところで至極の極で天にも昇って御座候でございますで御座候。

スマスロ最新機種の攻略情報は「パチマガスロマガモバイル」で!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー