◎日付検索

カレンダーの日付を押すと、その日に更新された記事が一覧で表示されます。

スマスロ時代に据え置き台があるのはダメな店?

スマスロ時代に据え置き台があるのはダメな店?

※『秋山良人のエナコラム』過去の連載まとめはコチラから。

大ハイエナ時代到来!?

「富、名声、力。この世の全てを手に入れたかった男〝ハイエナ王あきげん・秋山〟彼の死に際に放った一言は全世界の人々をホールへ駆り立てた『おれの情報か? 欲しけりゃくれてやる… 探せ!  期待値の全てをそこに置いてきた』世はまさに、大ハイエナ時代」

どうもエナエナの実の能力者あきげんの秋山です。悪魔の実を食べたせいかは分かりませんが、リアルに泳げません。そして、大冒険が始まりそうな雰囲気の冒頭ですが、もちろん始まりませんし、ノーマル機を得意とするポチポチの実の能力者も出てきませんし、技術介入機を得意とするビタビタの実の能力者も出てきませんし、ジャグラーが得意なガリガリの実の能力者も出てきません。

今回はスマスロ時代に据え置き店は厳しいのか問題について綴りたいと思います。

据え置き店でも結果が出やすい機種

昨今の機種はメーカーからの解析が小出しにされ、その機種がホールから消えても全てを知る事ができないブラックボックスです。そんな機種での立ち回りは有識者が発信している情報に頼らざるを得ません。

無料で発信している情報もあれば、有料で発信されている情報もあり、しかも虚偽の可能性もあるので、ただ情報を集めて知識武装するだけでなく情報の真偽を自ら精査する必要があります。

そんなスマスロ時代に生まれた「優遇・冷遇」という実際にあるかどうかは不明の存在。そして「有利区間」の存在によって、出すためには有利区間を貫く必要があります。そうなるとマイナス差枚状態でほったらかされている据え置き店はメチャクチャ不利な気がしますよね。秋山も様々な機種の情報を見る度に厳しいと思うのですが…未だに据え置き店にお世話になっているんですよね。

こちらの画像は全て据え置き店で据え置き狙いをした結果です。

それなりのラッキーはありましたが、フリーズレベルのレアなフラグを引いたわけありません。強いて言えば、有利区間を貫かなくてもまとまった出玉が期待できる機種です。もちろん貫いた方が出るのは出るんですけどね。

それと、上位への条件が差枚だけではない機種、例えば穢れ的なモノや、総差枚ではなく1回のATの差枚などの機種に、特定の強い狙い目やゾーンがある機種は据え置き店でも結果が出やすいですね。

リセットの有無でやる気を判断するのは軽率

いかがだったでしょうか。有利区間を切ることによって爆発的な出玉が期待できるスマスロは、それ相応の厳しい条件を乗り越える必要があります。そんな条件の厳しいスマスロ時代に右肩下がりのグラフでマイナスが積み重なった据え置き店では打つ前から不利なように思えますが、機種の特性を理解してホール状況を把握するとキラリと光るお宝台に遭遇する可能性がありますよ。

最後になりますが、昨今の来店ブームで演者さんのSNSの発信が増え、その中でリセットするしない問題を度々目撃しますが、リセットするしないはホールさんの自由ですし、ホールさんのやる気をリセットするしないで判断するのは軽率だと、ユーザーで自称業界通で正義マンの秋山は思います。

そもそも、リセットしてるホールではそれ相応の立ち回りを、そして据え置き店ではそれを考慮した立ち回りをすればいいだけだとハイエナで専業でパチスロ生活者の秋山は思います。もちろん、お仕事でお邪魔するホールさんにはリセットしてほしいし、メチャクチャ高設定を入れていただきたいとライターで演者でインフルエンサーの秋山は思いました。

パチマガスロマガモバイルサイトはコチラから!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合