ガンチラアクション炸裂! 頻発するCZと萌え要素満載の演出が初代の魅力!!【名機 the ORIGIN/vol.188】

パチンコだけじゃない! パチスロでもアリアが活躍!!

現在ホールで活躍している数々のシリーズ機。そのすべてに数多の前身機が存在し、そこから各シリーズ機へと人気マシンの遺伝子が後継機へと受け継がれている。

となれば、気になるのはそのシリーズ機の起源(ORIGIN)となる「初代」マシン。はたしてそこからどう発展し、現在の最新マシンへと変貌を遂げて来たのか。

この「名機 the ORIGIN」ではそんな「初代」マシンにスポット! 最新の人気シリーズマシンの元祖となる機種を知ることで最新シリーズ機をより深く理解し楽しめる…はず!!


2016年1月、パチンコ登場の2年後にパチスロデビュー!!

パチスロ緋弾のアリア(藤商事)

パチンコのヒット機種のイメージが強いもののパチスロでもシリーズ機となっているのが「緋弾のアリア」。その初代マシンとなるのがパチンコ化の2年後となる2016年1月に登場した「パチスロ緋弾のアリア」です。

本機は5号機のARTタイプで、周期+ランクで出玉を獲得していくゲーム性。基本的には通常時から2つのCZ「武偵ミッション」「チャレンジミッション」を経由してARTに突入、最大63Gで必ずCZに突入する仕様となっていました。

ちなみに筐体についたフィギュアのホルスターはタッチセンサーとなっている嬉しい(!?)ギミックも搭載!

気になるART「バレットゾーン」の詳細は上記の通り。

初期ゲーム数変動型で、30・50・70・100のいずれかからスタート。そこに上乗せを重ね、出玉を増やすシステムでした。また継続バトルによる連チャンも存在。1Gあたり約2.0枚の増加が見込めました。

そして本機をアツくするのが上乗せ特化ゾーン。その種類によって上乗せ期待度が変化し、「桃源郷(シャングリラ)ラッシュ」ならばお宝映像とともに約150Gの上乗せが期待できました。

通常時はチェリー・スイカ・チャンス目当選それぞれでその後の展開が変化。要注目はチャンス目成立時で、成立後はヒステリア煽り状態に突入。ここで弾丸揃いが成立すればART突入確定となりました。

CZは前述の通り2種類が存在。それぞれで突入契機が異なり各ミッション中のランクに応じしてARTを抽選。どちらも演出成功でARTへ突入となりました。

そんな初代マシンを経て、今年の2月に登場したのが「パチスロ緋弾のアリアⅡ」です。こちらは6.5号機のATタイプとなっており、現在ホールで好評稼働中となっています。ゲーム性は初代とは異なるものの、CZのドキドキ感やAT中の上乗せ演出のアツさは健在。パチンコでしかアリアを知らない人でも楽しめる仕様となっているので、ぜひ打ってみてはいかがでしょうか。

そんなパチスロ「緋弾のアリア」シリーズの最新マシンといえばこちら!!

パチスロ 緋弾のアリアII(JFJ)

詳細な機種情報はこちらから!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー