◎日付検索

カレンダーの日付を押すと、その日に更新された記事が一覧で表示されます。

超意外!? 人気コンテンツながらパチスロではあまり日の目を見ていないシリーズ機!!【名機 the ORIGIN/vol.354】

かなりの遅咲き!? その初代マシン登場は5号機になってから!

現在ホールで活躍している数々のシリーズ機。そのすべてに数多の前身機が存在し、そこから各シリーズ機へと人気マシンの遺伝子が後継機へと受け継がれている。

となれば、気になるのはそのシリーズ機の起源(ORIGIN)となる「初代」マシン。はたしてそこからどう発展し、現在の最新マシンへと変貌を遂げて来たのか。

この「名機 the ORIGIN」ではそんな「初代」マシンにスポット! 最新の人気シリーズマシン、その元祖となる機種を知ることで最新シリーズ機をより深く理解し楽しめる…はず!!


XYZ―2007年11月、ホールに伝説のスイーパーが降臨!!

パチスロシティーハンター(銀座)

大当りした瞬間におなじみのイントロが聞こえ始め、そのまま大当りラウンドへと突入していく演出が心憎いパチンコ「シティーハンター」シリーズ。人気コンテンツなだけにパチスロでも当然多数のシリーズ機が…と思いきや、その初登場は意外に遅く2007年11月のこと。

そんなパチスロ初代シリーズ機である「パチスロシティーハンター」はボーナス+ARTタイプの5号機。5号機初期の1台だけにコインもちは1000円あたり50G超とかなり優秀でしたが、一撃の出玉力は控えめな仕様となっていました。基本的には一旦ボーナスに当選すればまったり遊べるゲーム性で、その分原作を活かした演出をじっくり堪能することができました。

本機のボーナスは単独成立も存在しましたが、基本はスイカorチェリーとの同時成立。特に3種類存在するチェリーはチャンスで、取りこぼし時にはチャンス目が停止する仕様となっていました。

また本機のウリの1つであるRT「XYZタイム」REG後に必ず突入100G消化orボーナス成立まで継続し、1Gあたり約0.9枚の増加が見込めました。

ちなみにBIG中のBGMは基本「GET WILD」が流れましたが、RT中にBIG当選すると楽曲が「ゴーゴーヘブン」に変化するというオマケ要素も存在しました。

さらにBIG中は懐かしい名場面が次々と登場。後半に突入すると今度はミニゲームに切り替わり、目押しが成功するほど高得点を獲得することができました。

通常時の液晶演出に関しては上記の通り。複数のキャラクター演出が用意されており、いずれも数G継続。最終的に演出成功でボーナス確定となりました。また上記以外に激アツの告白演出も存在、リョウとカオリ2人の行方にドキドキすること間違いなしの演出となっていました。

そんな初代マシンを経て、コンテンツ後継機が登場したのは2013年12月のこと。今度はオリンピアから「シティーハンター」が登場しました。本機はAT搭載の5号機で、ATはゲーム数上乗せ+セットストックタイプ。擬似ボーナスから1Gあたり約2.7枚の増加が見込めるAT「ハンターRUSH」で出玉を獲得していくゲーム性となっていました。しかしシリーズ機は本機以降登場せず。人気コンテンツだけにあまりシリーズ機が登場していないのは謎ですが、このまま終了ということはないはず。次機種ではさらなる活躍を見せてくれると信じて、その登場を待ちましょう。

現在時点でのパチスロ「シティーハンター」シリーズ最新機といえばこちら!!

シティーハンター(オリンピア)

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合