◎日付検索

カレンダーの日付を押すと、その日に更新された記事が一覧で表示されます。

初代マシンは遊びやすさMAX! 甘デジレベルの当たりやすさながら一撃出玉も期待できる!【名機 the ORIGIN/vol.283】

意外なシリーズ機! ハイビスカスがさらに巨大に!! 

現在ホールで活躍している数々のシリーズ機。そのすべてに数多の前身機が存在し、そこから各シリーズ機へと人気マシンの遺伝子が後継機へと受け継がれている。

となれば、気になるのはそのシリーズ機の起源(ORIGIN)となる「初代」マシン。はたしてそこからどう発展し、現在の最新マシンへと変貌を遂げて来たのか。

この「名機 the ORIGIN」ではそんな「初代」マシンにスポット! 最新の人気シリーズマシン、その元祖となる機種を知ることで最新シリーズ機をより深く理解し楽しめる…はず!!


2013年5月、ド派手なドラムを搭載してホールに登場!!

CR美夏美華(ニューギン)

外はすっかり冬模様ですが、そんなホールの中でも夏全開で稼働しているマシンがあります。それが「P美夏美華パラダイス」です。そんな本機、実はシリーズ機であり、その初代マシンにあたるのが2013年5月に登場した「CR美夏美華」となります。

スペックは上記にある通り甘ライト的なもので、複雑なゲーム性はなし。大当り後に32or16回転の電サポがつくだけのシンプル仕様で、連チャン率も激低。一応ST機となっているものの通常時と確変中の確率がほぼ同一で、時短機と同じといえる仕様になっていました。

そんな本機の目玉といえるのが上記のポイント

まず大当り時の出玉が通常時・電サポ中問わず、50%が2000発(電サポ32回転)に。さらに残り50%の大当りでも約500発(電サポ16回転)の出玉を獲得することが可能。そのため、いかに16Rをひけるかどうかが勝負のカギとなっていました。

また、通常時も高速で小デジが変動しているため、高確率で電チューが開放。これにより通常時からぶん回すことも可能でした。ただしその分、ホールでは厳しめの釘状態となっているパターンが多くみられました。

演出に関しては盤面中のギミックを活かした演出がメイン。

BIG HI-BI図柄がドラムで激アツを告げるだけでなく、右下には星柄ランプも鎮座。さらにドラム上のハイビスカスランプも当然大当り告知の役割があり、盤面のあらゆる場所で演出が発生しました。

また電サポ中にはバックライトを活かしたドラム演出も展開。液晶機とはまた違ったドキドキ感も味わうことができました。

そんな初代マシンを経て、後継機として2019年にP機で登場、現在も好評稼働中なのが「P美夏美華パラダイス」です。本機は初代マシンと異なり、高継続率のビカRUSHを搭載。一旦突入すれば継続率は約76%以上確変転落まで続く仕様となっています。また6段階設定となっており、設定6ならばライトタイプとは思えない連チャンも! 初代のスペックに物足りなさを感じていた人でも、パワーアップした演出で遊べる1台となっているので、ホールで見かけらたぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

そんなパチンコ「美夏美華」シリーズ最新機といえばこちら!!

P美夏美華パラダイス(ニューギン)

詳細な機種情報はこちらから!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー