◎日付検索

カレンダーの日付を押すと、その日に更新された記事が一覧で表示されます。

ド派手ではないものの着実に後継機が登場している歴史あるシリーズ機!【名機 the ORIGIN/vol.160】

シンプルイズベスト! ノーマルタイプながらも実は奥深い!

現在ホールで活躍している数々のシリーズ機。そのすべてに数多の前身機が存在し、そこから各シリーズ機へと人気マシンの遺伝子が後継機へと受け継がれている。

となれば、気になるのはそのシリーズ機の起源(ORIGIN)となる「初代」マシン。はたしてそこからどう発展し、現在の最新マシンへと変貌を遂げて来たのか。

この「名機 the ORIGIN」ではそんな「初代」マシンにスポット! 最新の人気シリーズマシンの元祖となる機種を知ることで最新シリーズ機をより深く理解し楽しめる…はず!!


フルランダム告知とエクストラリールを搭載し1999年4月に登場!!

デジスロ7(ベルコ)

今から20年以上前に初登場、その後も着々とシリーズ機が登場しているノーマルタイプマシンといえば「デジスロ」です。その初代マシン「デジスロ7」は1999年4月に登場しました。

筐体を見ればわかる通り、特徴的な右リールがポイント。目押しいらずでブン回せるゲーム性となっており、筐体右に搭載された7セグではフルランダム告知が発生する仕様となっていました。

特徴的な右リールにはエクストララインを採用。このエクストララインにはボーナスフラグ成立後しか小役が成立せず、それによるリーチ目も存在しました。

またフラッシュによるチャンス目告知も搭載。この告知が発生するとフルランダム告知である7セグが回転する合図に。7セグはそれ以外にも様々なタイミングで作動し、いずれもゾロ目が出ればボーナス確定となりました。

そんな初代マシン「デジスロ7」が登場した3年後の2002年、新筐体でリバイバルされた「デジスロ7L」が登場。

そこから告知演出がさらにパワーアップした「デジスロF」「デジスロA(エース)」と続々とシリーズ機が登場していきました。

そして現在6号機として「デジスロ」が好評稼働中。「DIGI」図柄が揃えば7セグが作動、同じ数字が揃えばボーナス確定というゲーム性もしっかり継承されています。現在は設置ホールが少なくなっていますが、見かけたら歴史を感じつつ打ってみてはいかがでしょうか。

そんな「デジスロ」シリーズの最新マシンといえばこちら!!

デジスロ(ヤーマ)

詳細な機種情報はこちらから!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー