ジャジャジャジャーン! パチンコで何度も呼ばれて飛び出ている大魔王の初代マシン!!【名機 the ORIGIN/vol.319】

初代マシンは当時としては珍しい変則マルチラインタイプ!

現在ホールで活躍している数々のシリーズ機。そのすべてに数多の前身機が存在し、そこから各シリーズ機へと人気マシンの遺伝子が後継機へと受け継がれている。

となれば、気になるのはそのシリーズ機の起源(ORIGIN)となる「初代」マシン。はたしてそこからどう発展し、現在の最新マシンへと変貌を遂げて来たのか。

この「名機 the ORIGIN」ではそんな「初代」マシンにスポット! 最新の人気シリーズマシン、その元祖となる機種を知ることで最新シリーズ機をより深く理解し楽しめる…はず!!


2000年5月、ホールのあちこちでくしゃみとあくびが連発!

CRハクション大魔王(Sammy)

パチンコでもパチスロでもコンスタントに後継機が登場し、堅実な人気を獲得してきたシリーズといえば超有名アニメとのタイアップ機である「ハクション大魔王」シリーズです。その初代マシン「CRハクション大魔王」が登場したのは2000年5月のことでした。

スペックは特筆すべきことのない当時の王道ミドル。変則的なゲーム性もないシンプルな仕様となっていました。液晶は9分割されており、基本的には中央横ラインで図柄が変動。そこから対応演出に発展すると上下横ラインが開放、最大トリプルリーチにまで展開しました。

予告やリーチは当時の他機種に比べやや豊富。リーチだけでなく予告にも発展系が存在し、BIGつぼ予告出現なら大チャンスとなりました。

リーチは前述の通り、マルチラインをフル活用。中出目にカン太が停止するとチャンス目となり、その後にくしゃみをすれば大魔王が、あくびをすればアクビちゃんが登場しました。その他のリーチはどこからでもあたる印象で、ノーマルリーチで突然大当りするパターンなども存在しました。

予告・リーチともに凝った演出が用意されている本機ですが、大当りラウンドにも一工夫が。

大当りラウンド中はアニメを彷彿させるストーリーが展開しますが、確変と通常でそれぞれ異なる話が展開。さらにハッピーエンドとバッドエンドが用意されているマルチエンディング! 当時としてはかなり画期的な仕様となっていました。

そんな初代マシンを経て、その後は後継機の「2」アクビちゃんを主役に据えた「3 アクビ娘」が登場。そして2015年2月に登場した「ぱちんこCRハクション大魔王」ではドラムマシンに! 遊びやすさを重視した仕様でライトタイプと甘デジタイプが存在しました。さらに2017年には今度は七匠から引き続きドラム機として「CRハクション大魔王 出ました大魔王(アクビちゃん)Ver.」が登場するも、シリーズ機はここまで。P機になってからまだ大魔王は呼ばれて飛び出していません。根強くシリーズを重ねてきた本機だけに、今後も登場の可能性はあるはず。シリーズファンの人はこれからの展開に期待しましょう!

現在時点でのパチンコ「ハクション大魔王」シリーズ最新機といえばこちら!!

CRハクション大魔王 出ました大魔王Ver.&アクビちゃんVer.(七匠)

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー