攻略のし過ぎでパチンコファンがみんなレベル激高になってしまった先の近未来予想図【ハウスルールの意味】

攻略のし過ぎでパチンコファンがみんなレベル激高になってしまった先の近未来予想図【ハウスルールの意味】

◎業界で一番"通"なYouTube[チャンスメイトチャンネル]に我らがMJこと緑山淳登場!!part3

アナログ機攻略、ハンドル捻り打ちetc…。この攻略シロをパチンコ機開発の賢人はどう考えている?

役物などによって大当りが決まるハネモノのような機械や、捻り打ち等の主に役物を中心としたユーザー技量による攻略法はいまだに存在しています。これは、ユーザー技量をどこに設定するか?により発生する事象です。どういうことか詳しく解説します。

設計上、どのレベルの遊技者に目線を合わせるか?

ユーザー技量を"低め"に想定して設計された機械

例えば、確変中等を想定してみてください。若者を中心として技量が高い人たちは、1発も無駄にしない打ち方を好みますが、年配層を中心とした人たちは、RUSH中等は止め打ちをせずにほぼ打ちっぱなしであることが殆どですよね。メーカー側が台を設計するときに、「どちらのユーザーを中心にスペック設計をするか?」という話です。

若者のレベルを中心として設計した場合、ほぼ攻略法は発生しないような機械に仕上げることはできますが、止め打ちを一切しない年配層が打つと、RUSH中に上皿の玉が消滅どころか、少出玉高継続の機械の場合、大当り出玉の大半が無くなってしまう可能性すら想定されますよね?

捻り打ちやRUSH中の止め打ちにて玉が増やしやすい機械というのは、実はユーザー技量を低めに想定して設計された機械が多いのです。

ゴト師 犯罪者 不正
捻り打ち(=ワンツー打法)と言えば、このマシン。

ユーザー技量を"低め"に想定して設定されたルール

これに似たような話でパチンコ店におけるハウスルールというものがあります。遊技機を開発したメーカー側や、パチンコパチスロを設置しているホール側が「想定していない打ち方」をした場合、遊技停止を求められ、酷い場合は出玉没収の上に出入り禁止にするというものです。

これは前述の「ユーザーのレベルをどこに設定しているのか?」に通じる話だと思います。ユーザー側からすると「穴を見つけた」になるわけですが、メーカーやホール側からすると一部の人たちが大きく損をすることを避けるために回避できない事情からハウスルールを設定したりするわけです。そこで、上のレベルに合わせるのか?下のレベルに合わせるのか?ですが、下のレベルに合わせた方が、より全員が満足できるという話なのです。

その一方で、打ち方を制限されて、考えようによっては損をさせられるような打ち方を強要される上のレベルの方々からすればたまったものじゃないという意見は一理ありますし、遊技なのだからどのような打ち方しても問題無いだろうという意見もわかります。

パチンコ 攻略 ハウスルール
打ち方で店員さんに注意されることも。

しかしですね、このように考えてみてください。もしこの先、「下のレベルではなく上のレベルに機械や運用を設定されたらどうなるか?」と言うことです。当然、機械は非常に辛く設計することになります。狙い撃ちをしてようやく損をしないラインになると言うことです。パチスロでいえば「フル攻略して出率が98%いくかいかないか」という機械ばかりになればどうでしょうか。これは上のレベルの方々に合わせた機械と運用の提供という話なのですが、非常に息の詰まる少しの遊びも無いものとなりますよね。

このコラムを見ている方々はホールに遊びに来ている人の中でも技量が平均より高い(上のレベルの)人が殆どだと思います。その方々だけを対象にしたホールや機種というのは、レベルが高くなりすぎて容易に勝てなくなることが想像されますので、打ち方などのハウスルール等に関しては、寛容な心で容認することが最終的に我々にとってメリットが高いというのは揺るぎのない事実だと思います。

イライラするのは非常にわかるのですが、そこは今後も楽しく勝てるパチンコパチスロを楽しむために…と思うと、いく分かは気持ちがマシになるかもしれません。

◎あなたの「質問」に現役開発者が答えます!

パチンコ・パチスロ開発の表も裏も知り尽くしたチャンスメイト荒井氏が、あなたの質問にぶっちゃけ回答しちゃいます!

★★★★★★★★★★★★★★
コチラから送ってください!!!!!
★★★★★★★★★★★★★★

※ご希望の方はペンネーム・年齢・性別をご記入ください。本名での掲載は致しません。
※メール等での返信はいたしません。

今回はココまで!次回もお楽しみに!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー