パチンコ/パチスロで、計数されたら少なく感じたことありませんか?【ジェットカウンターの闇~前編~】

パチンコ/パチスロで、計数されたら少なく感じたことありませんか?【ジェットカウンターの闇~前編~】

はじめに

虚心坦懐のGoing Underground、第101回(前編)。

 


 

玉やメダルを流す際、なぜか遠くのジェットカウンターまで行かされたとか、流す際、店員が手で玉やコインを隠すような動作をする。また、見た目より、計数されたら少なく感じた。…などという不思議に思った経験のある方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そんな疑問にお答えすべく、かなり怪し…いや、詳しい方のお話を元に、2回に渡って解説していきたいと思います。

計数機での出玉カットは存在するの?

結論から言うと、あります!! ただ、故意ではなく、機械のトラブルによる場合が「ほとんど」です。しかし、極めて限られたホールでは、ゴト師やホール内通者の小遣い稼ぎのために出玉をカットしている、、、なんてこともあるそうです。

以前、私のコラムにて、お話した「サクラ」(→リンク)「裏モノ(Cモノ)」(→リンク)に携わっていた悪い方々のお仲間のようです。ただし、こちらは悪知恵が進化しており、非常に手が込んでいてバレ辛いという感じです。

ジェットカウンター(計数機)の仕組み

まずは、ジェットカウンターの仕組みについて説明します。玉やメダルをジェットカウンターに流すと、玉は各レーンに仕分けされ、また、メダルは遠心力により振り分けられ、その先にあるセンサーで計数されます。

もちろん、どのレーンを玉やメダルが通過してもカウントを見逃すことは基本ありません。そして、ジェットカウンターに流された玉は、シマの中へ戻っていくという仕組みです。

本記事冒頭の疑問に関する回答

(Q1)なぜか遠くのジェットカウンターまで行かされた → (A1)玉やメダルは店全体を循環しているワケではない!

玉やメダルは数シマ単位をブロックとして、ブロック内を循環させているホールが多く、例えばAブロックとBブロックの循環している玉やメダルの数に大きな差が生じた場合に、少なくなったブロックに補充するという意味合いで、そのブロックのジェットカウンターを使用する、というのが理由です。また、たまに混雑を避けるため、玉を流す担当の店員のいるところへ、持っていく場合もあります。

 

(Q2)流す際、店員が手で玉やコインを隠すような動作 → (A2)メダル詰まりを防ぐ!

こちらはメダルで多いのですが、一番の理由は、カチ盛りされたメダルを一気にジェットカウンターに投入すると、すぐに詰まってしまいます。そこで、ドル箱から一気にメダルが落ちないよう、ゆっくり投入するために手を添えているだけです。また、他店のメダルや玉等の持ち込みゴトを防止するためでもあります。

 

(Q3)見た目より、計数されたら少なく感じた → (A3)以下のパターンで出玉カットしている可能性が考えられます。

①レーンのセンサーの不具合…玉やメダルがレーンのセンサーを感知せず素通りし、事故的に出玉カット。

②計数機内に異物混入…玉やメダルが異物により一部流れなくなり、事故的に出玉カット。

③改造ロム使用…ゴト師や悪い内部精通者による意図的な出玉カット。

冒頭にも書きましたように、「ほとんど」の場合が①と②となります。ただし、実際に③が行われているケースもあるそうなのです、、、。こちらについては、次回詳しく解説していきますので、お楽しみに。

※本稿に記載した内容は、ライター虚心坦懐の独自の見聞に基づくものです。

前編まとめ

というワケで今回は、ジェットカウンターで疑惑を持たれがちな3つの内容を説明してまいりました。今回の内容だと「浅学寡聞は損の元」って感じでしたが、次回は、みんな大好き「Going Underground」の真骨頂、『出玉カットの手口』等についてお話をしていきたいと思います。

あっ!この場をお借りして「暑中お見舞い申し上げます。熱中症には、皆さん、お気を付けてください」

では、また次回!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー