台は凄まじく面白いのに黄色信号点灯中!? 1強すぎるリゼロがヤバイ状況です……。 【覆面パチンコ業界人T.,K】

台は凄まじく面白いのに黄色信号点灯中!? 1強すぎるリゼロがヤバイ状況です……。 【覆面パチンコ業界人T.,K】

※『覆面パチンコ業界人T.,Kの忖度はナシの方向で』過去の連載まとめはコチラから。

 


 

世の中には数多くの忖度が溢れています。パチンコ・パチスロ業界も然り。

このコラムは、そんな業界の中心部に身を置く1人の開発者が、色々なしがらみを振り払ってお届けします。

最新機種や人気機種の秘話、メーカー関係者ならではの裏話まで。

もちろん忖度はナシ…の方向で。

第35回 ・「 Re:ゼロから始める異世界生活」×「稼働」の方向で

やぁ。

T., K. だよ。

もはや、業界の中の人は頭が痛い案件として、エンドユーザーさんはホールで遊んでいる時の体感として“今更”な所もあるかもしれませんが、パチンコにおける“Re:ゼロから始める異世界生活(大都)シリーズ”(以下リゼロ)の一強状態について色々語っていこうかと思います

 

現在、ホールにおけるout(稼働)をけん引してるリゼロの中古機価格は、後継機「e Re:ゼロから始める異世界生活 season2」(以下リゼロseason2)で400万円(1位)、前作の「P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.」で164万円(2位)とワンツーを独占。

3位の「ぱちんこ シン・エヴァンゲリオン Type レイ」で80万前後ですから、頭が一つも二つも抜けた状態になっています。

私が記憶する限り、同シリーズでワンツーなんて事態は歴史上初です。

もっとも、P機とe機二つの規格が同じ市場あるという歪な状況ということはあるにせよ、前作が生き残りつつも、新作と並走する支持状況(しかもスペック的に大きな区分では大差のない機械で)がもはや異常でして……。

タイミング的に「エヴァ15」というもう一つの怪物機種の後継機「エヴァ16」がスマパチ・P機両方でリリースされたにも関わらず、市場としては“2強”と評価することは出来てもタイマン勝負で実績を見る上では圧倒的なリゼロ側の勝利となっている訳です。

まさにパチンコ界の女王。しかし不安要素が……?

ここで、これも今更ながらですがパチンコの最大評価基準であるOUT(稼働)というものの構成要素を分解してみると……。

稼働=その台の遊技人数×1人あたりの打ち込み

こうなります。
近年で稼動をけん引している「エヴァ15」と「リゼロseason2」の構成比を比較してみましょう。

その台の遊技人数:「エヴァ15」<<「リゼロseason2」

1人あたりの打込:「エヴァ15」>>「リゼロseason2」

この2機種が似たような稼働実績を積んでいてもその中身は異なります。ここで冒頭の中古価格に話を戻しながら分析すると、「リゼロseason2」は圧倒的に”打ちたい人“に対して台数供給が足りてない、という姿が浮き彫りになってきます。

しかし、1人あたりの打込:「リゼロ鬼がかり」>>「リゼロseason2」なので、“台本来に対する熱中度や再遊技志向は前作やエヴァ15よりも下がって粘らない”もしくは“ホール設置してある台の状態が悪すぎる(回らない)から粘れない”という事が考えられます。完成度的に後者の可能性の方が高いでしょうけどね。

もしも今後の同機を占うのであれば、“粘れない”原因と想定される運用面の厳しさを改善無しに市場に増産されてきた場合、稼働の薄まり方が“一気に”押し寄せる多少の危険性を孕んでいるのでは?と考えます。

話題のスマパチ、スマスロ最新情報は『パチマガスロマガモバイル』で!

忖度はナシの方向で関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー