本当に少額で遊べる?甘デジの真実【パチンコ正攻法】

本当に少額で遊べる?甘デジの真実【パチンコ正攻法】

【第40回】甘デジは遊べるのか?

『パチンコ正攻法』過去の連載まとめはコチラから。

 


 

機種名の頭にPAが付く、大当り確率1/100より甘い機種がある。いわゆる甘デジだ。

1/320あたりの機種と比べれば断然当たりやすく気軽に手を出せるため、ほとんどの読者は打ったことがあるのではないかと思う。

当たりやすさと引き換えに爆発力は低いので、大勝ちはあまり期待できないながらも、比較的少額で遊べるので軍資金があまりない人向けの台…と認識している人も多いだろう。

 

しかし、あなたは本当に甘デジで遊べているか?

 

実際には甘デジでも1万円ぐらいは簡単に負けてしまうし、2~3万円かかることも珍しくない。

多少遊べたところで結局出玉がすべて飲まれてヤメ…というパターンが多くはないだろうか?

1万円で5時間遊べたとしたら、遊技料金は1時間あたり2000円ということになる。

実は案外高い遊びになってはいないだろうか?

 

というわけで、甘デジの投資金額をシミュレートしてみた。

題材機種は、現在甘デジとして設置台数がもっとも多いPAスーパー海物語IN沖縄5withアイマリンである。

 

■11.5時間実戦の平均投資額

PAスーパー海物語IN沖縄5withアイマリン

16回    33200円
17回    29200円
18回    25600円
19回    22600円
20回    20000円
21回    17700円
22回    15800円
23回    14000円
24回    12700円
25回    11400円
26回    10400円

 

ご覧のように千円あたり16回転から26回転まで、1回展刻みで平均投資額を出してみた。

千円16回転で33200円、千円26回転では10400円と、10回転差で投資金額に3倍以上の差がついている。回る台ほど投資金額は少なくなるというのは当然の結果だ。

 

ところで2~3回前の第37~38回では、真・北斗無双4で同様に平均投資額を出したことを憶えているだろうか?

真・北斗無双4では千円16回転の平均投資額は56000円だった。

で、今回のアイマリンの千円16回転の場合は33200円。だいぶ少なくなっているのは事実。

 

しかしよく考えてみよう。

大当り確率は3倍以上の開きがあるのに、11.5時間実戦の平均投資額ではその差が2倍にも満たない。

このことは、「回らない台甘デジ」は結構投資がかかることを意味している。

 

ではボーダーを明らかに超える千円26回転の場合はどうか?

アイマリンでは10400円となっており、真・北斗無双4では28900円だった。

こちらは3倍近くの差がついており、2倍以下だった千円16回転の場合とは大きく状況が異なる。

 

以上のことから、甘デジでは回らない台では結構投資がかかる。しかも爆発力も弱いものだから勝率もかなり低い。

しかし回る台ほど投資額は減り、安定して勝てるお宝台に変身するのだ。

パチンコ正攻法関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー