◎日付検索

カレンダーの日付を押すと、その日に更新された記事が一覧で表示されます。

実際、ホールはいくら儲けてる?【パチンコ正攻法】

実際、ホールはいくら儲けてる?【パチンコ正攻法】

【第59回】ホールはいくら儲けているの?

『パチンコ正攻法』過去の連載まとめはコチラから。

 


 

ずいぶんと単刀直入なタイトルではあるが、誰もが気になるところだろう。

パチマガには協力ホールがいくつもあり、ホールの営業データをそのまま提供してくれるところもある。営業終了後1時間以内にプリントアウトしたデータをその日のうちに提供してもらう、なんてことも普通にある。

その営業データには、なんと売上額がそのまま載っているのだ。また、出玉データも正確に載っているので、売上から出玉数を差し引けばホールの利益がそのまま判明してしまうのだ。もちろん、そのデータが捏造や改ざんされたものでないことは、実際にホールで実戦して確認している。

 

では、ホールデータの具体例を見ていただこう。というところで、たまたま手元にあった古いデータを引っ張ってみたところ、随分と昔のデータでパチンコが大賑わいの頃の数字であった。従って現状には則していないが、今と比較することで導き出せるものがあるためそのまま引用する。

設置台数 28

12

 

総アウト玉 1571170

1台あたりアウト玉 56113

 

シマ総売上 1606500

1台あたり売上 57375

シマ総特賞回数 531

1台あたり特賞回数 18.96

総差玉 -80770

1台あたり差玉 -2885

客収支 -165000

1台あたり客収支 -5893

これは生のデータである。

1シマ28台設置。当時、全国的にも設置台数の多い、メジャーなスペックのものであった。

 

アウト玉というのは盤面に打ち出された玉数のことで、これが多いほど稼働が高いことを意味する。打ちっぱなしなら1分間に1001時間に6000個、12時間で72000個打ち出すことができる。

実際には長いリーチのときなどに打ち出しを休むほか、トイレや食事などの休憩も含めると、15万発行っていれば13時間営業フル稼働していると見なしてよい。

このデータでは1台あたりのアウト玉が56113となっており、全台がほぼ終日フル稼働していたとことが読み取れる。繰り返しになるが、これは昔のデータであり、2023年現在の数字ではない点、ご了承いただきたい。

 

そして肝心の収支だが、シマ全体で約1650001台あたり5893の客側のマイナスになっている。

よってホールの儲けもこれと同じ。つまり1台あたり5893円となっている。

大体、売上のうち1割がホールの利益になっている。

仮に16000円で計算すると、200台設置の小型店ならば店全体で120万円の利益、500台の大型店なら300万円の利益になる。

これって良心的なのか?それともボッタクリ?

 

このデータでは全台が終日ほぼフル稼働だと先ほど説明した。

16000円ならばかなり良心的な部類になり、稼動が良いホールだからこそ可能な薄利営業であると言える。

台の購入費用が50万円として、16000円の利益でこれを取り戻すまで3ヶ月近くかかる。めでたく購入代金を償却できたとしても、電気代、人件費、家賃などの諸費用を差し引いたら2000円も残らないだろう。

ただ、薄利とはいえ、フル稼働ならばこれでもやっていける。

 

さて2023年現在、実際にはずっとフル稼働という機械はほとんどなく、平常営業では稼働率50あれば合格、というのが相場だろう。フル稼働16000円の調整のままで稼働が半分になれば、利益は3000円に落ちてしまう。さすがにこれではやっていけない。

よって稼動が悪いホールはそのぶん搾取率を上げなければならない

昔と比べて状況が厳しくなったとよく言われる昨今であるが、具体的に数字で見てみると、その肌感も間違いなさそうである。

パチンコ正攻法関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー