"海シリーズは勝ちやすい"は本当か?【パチンコの勝ち方】

◎パチンコの勝ち方 その137

「みんな好き」

パチプロからライトユーザーまで、幅広い層に支持される海シリー

今回はこれの勝ちやすさと負けやすさを説明します。

これが分かれば、勝つためにどうすべきかも理解できるはずです。

パチンコ 勝ち方 初心者 分かりやすい
海より減りにくいのも人気の一つ。

「海シリーズは負けやすい」

海シリーズはアタッカーと電チューが真ん中にあるタイプが主流です。

その場合、電サポ時に電チューの開くタイミングを測って打つという事が、右打ち機種と比べ難しい

溢れる箇所も多く、確変や時短を普通に打っていると上皿がみるみる減っていく。

そして、その分は丸々店側の儲けになりますよね。

最近の右打ち機種は打ちっぱなしでもほとんど減らない機種が多いので、そういったタイプよりも店側は儲けやすいんですよね。

つまり、(仕様~運用上は)客側からすると負けやすい

この周辺に損するポイントが集結している。

「海シリーズは勝ちやすい」

低い回転率の台をお客さんが打つ事によって、店側は儲けを得ます

海シリーズだと先ほど述べた通り、確変中にも儲けられるのでより利益を得やすい。

ですが一方で「確変中に儲けられるから、回転率の面ではあまり儲けなくて良い」と考える優良店もあります。

こういうお店では、「確変中には減るが回転率は悪くない」という営業をしています。

さて、ここのお店で回る台をパチプロが打つとどうなります?

回る台で確変中に技術介入で玉を減らないように打つわけです。

店側からすると、「回転率ではちょい赤字、確変中には儲けられない」という状況が生まれます。

つまり、こう言い換えられます。

別にプロでなくても上記の能力さえ身につければ、かなり勝ちやすい機種となるので、練習のしがいはあるのではないでしょうか。

こちらの機種は海より減りにくいのも人気の一つ。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー