パチンコの新機能“ラッキートリガー”って、ご存知ですか?【覆面パチンコ業界人T.,K】

パチンコの新機能“ラッキートリガー”って、ご存知ですか?【覆面パチンコ業界人T.,K】

※『覆面パチンコ業界人T.,Kの忖度はナシの方向で』過去の連載まとめはコチラから。

 


 

世の中には数多くの忖度が溢れています。パチンコ・パチスロ業界も然り。

このコラムは、そんな業界の中心部に身を置く1人の開発者が、色々なしがらみを振り払ってお届けします。

最新機種や人気機種の秘話、メーカー関係者ならではの裏話まで。

もちろん忖度はナシ…の方向で。

第25回 ・「新時代」×「ラッキートリガー」の方向で

やぁ。

T., K. だよ。

どうやら京楽さんの『スマートぱちんこ ソードアート・オンライン』がまずまず好調のようですね。

正直、前作のスマパチ仕置人が“やらかし”すぎましたからね。不安がある中、恐る恐る導入したホールさんが多かったみたいです。

初動抜群で、稼働の安定軌道には乗りそうですから、一安心といったところではないでしょうか。

とはいえ、版権はどうみても懐が広いコンテンツでないのは確かなので、ホールさんの今後の運用に『エヴァの下を走れる機械になれるか』が掛かっていると思います。

個人的見解で言えば、ヒット機が1機種出たところで、まだまだスマパチ界隈は気が抜けないかなと。

前も書きましたが、これに続く『e新海物語349』の実績が「海として」標準以上あることまで達成しないと、やはりスマパチ機の中期的将来は暗いと思っています。

パチンコの新機能【ラッキートリガー】。

それはそうと、今回は【ラッキートリガー】のお話について書きたいと思っています。

業界内の早耳な読者様であれば「そんな概要知ってるよ」というレベルの話かもしれませんが、一般ユーザーの方にはまだ早めの情報かなと思います。

「ラッキートリガー」というのは、ぱちんこ現行機における出玉仕様の内規改定の1機能であり、「出玉の上限値をしっかりと規定する一方、その出玉の範囲内であれば多種多様な遊技機の開発を行うこと」を前提に付与される予定となった機能になります。

具体的には……

2024年3月1日以降登場機種。

低確率1/200以下のライト・甘が主。

スペックの組み方に左右はされますが総じて20~24%程度の突入率になりそう。

ラッキートリガー搭載機にはCタイム搭載は不可。

というもの。

ではどういう出玉的メリットがあるのか?を表記すると、期待獲得出玉の期待値「(初回出玉を除く)6,400個以上、9,600個未満」という枠組み。

つまり、初回出玉を含めると一撃10,000個以上の性能にも成り得る幅です。

ところがこれを、一番代表的な右打ちRUSH性能になおすと、

現行マックス:継続約81%×ALL1,500個

ラッキートリガー機:継続約84.4%×ALL1,500個

となります。

う~~ん、体感はあがるのか? とても絶妙なとこ(汗)。

加えて、先の突入率を抑えなきゃいけない話がありますから、

一番ありそうな違いを現行機種の「P真・北斗無双ジャギの逆襲」で比べてみましょうか?

現行ジャギ:1/199 突入35% RUSH 81%×1500

LTジャギ:1/199 突入20%  RUSH  84.4%×1500

……好みはあれど、何とも言い難い;;

勿論、こんなに簡素な使い方をしてくるメーカーばかりではないでしょうが!

実装段階で業界に旋風が吹くような改定にはあまり期待できなそうかなっと思っちゃいますよね。

とはいえ、現行で開発出来るパチンコのスペックは限界まできており、ユーザーだけでなく、メーカーとしても苦しいところがありますので、変化があること自体は、前向きに捉えていいでしょう!

話題のスマパチ、スマスロ最新情報は『パチマガスロマガモバイル』で!

忖度はナシの方向で関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー