【パチンコの勝ち方】「ぱちんこ新・必殺仕置人S」は○○○○が無いから他の機種より勝ちやすい!

【パチンコの勝ち方】「ぱちんこ新・必殺仕置人S」は○○○○が無いから他の機種より勝ちやすい!

◎パチンコの勝ち方 その117

「こんな台もある」

今回は少々特殊なパターンの紹介をしようと思います。

というのも、「ぱちんこ新・必殺仕置人S」が登場したからです。

ぱちんこ新・必殺仕置人S ボーダーライン 赤保留 擬似連 共闘
ぱちんこ新・必殺仕置人S

これがですね、もう打たれた方は当然ご存知だとは思いますが、殊な箇所があるんですよね。

それはどこか。

ステージです。

正確には、ステージが無いという事です。

過去にもそういう台は登場していました。

サイボーグ009シリーズや最近ではワンパンマン……というか、ニューギンの機種に多いですね。

では、ステージが無い機種は勝つ上でどうなのか?

答えはこれです。

ほんのちょっとですけどね。

説明していきます。

「ステージの存在意義」

ステージは、機種ごとにスタートチャッカーへの入賞のし易さが異なります。

当たり前ですよね、形が違うんですから。

しかしこれ、同機種でも同じなんですね。

台のネカセなのかクセなのか、同じ機種でもステージからの入賞率に差があります。

それもけっこうな差がある場合もあります。

同じ列の同じ機種でも、大きく見ると3割〜6割くらいの差があったりもします。

そしてこれは釘の向きと違って、見ただけでは分からないんですね

「台選びの容易さ」

ここまで数回で解説した通り、より安い値段でより多く回せる台を見つけて、それを長時間打つ事が唯一パチンコで勝つ方法です。

そしてそれを一目で見つけ出して勝つのがパチプロです。

そこで、やっかいなステージ入賞率。

6割決まる想定で打って3割しか決まらないと、当然勝てる台ではない可能性が高まります。

しかし打ってみてからの修正が必要なので、台選びの精度が落ちますね。

そんなステージが、仕置人には無いんです。

しかもステージが無いので、ワープ入り口も無い。

つまり、釘読みする箇所が1個減りますね。

当然、台選びの精度が高くなるのでミスが少なくなる。

結果的に"勝ちやすい"と、こういう事ですね。

そしてさらにお伝えすると、不確定要素が少ないので、釘読みの勉強にもなりやすい機種であるといえます。

スマパチで大々的に登場して来た機種であり、期待しているホールも多い。

GWまでは甘く扱う店も少なく無いと予想されるので、この機会に釘読みの練習をするのも良いのではないかと思います。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー