偉業達成までの旅路を振り返り! こうして伝説は築き上げられた!!【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル6 まとめ(前編)】

すべては沖縄県から始まった! 今回は旅打ち前半を総まとめ!!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2014年11月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。これは移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで日本の端から東京を目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を今回はWEB上で完全復刻。何度も実施された旅打ち企画の中から、現在もパチマガスロマガで活躍中の角屋角成がチャレンジした第6弾をお届け!

2014年9月に沖縄の地を出発し、東京を目指すという超ハードなこの旅。設置機種は当時のものながら、その立ち回りは今でも確実に役に立つこと間違いなし! 

スタートから感動のゴールまでの模様をまとめて振り返り!!


約5ヶ月で沖縄~和歌山県をクリア!!

これからはライター・角屋角成として…

多くの攻略軍団・ライターの方々に迎えられ8月31日に無事ゴール。旅打ち第6弾を制覇することができました。

これからは4人目の旅打ち制覇者であり、ライター角屋角成として精進していきたいと思います。と、言ったところで現在は愛しの地元「札幌」に帰省し休日を過ごしています。まだまだ、ライターになってから数日。右も左もわからないので、まずは旅打ちの総括を2号に渡りお届けしたいと思います。

今回は前半戦。旅打ち前の計画では前半はできる限り急ぐ。本当にこれだけでした。過去の旅打ちを見ても前半の急ぎ足は常套手段。一年で25県となると移動日・試練・罰ゲーム・観光で使う日数がどうしても多くなってしまうので、ギリギリの戦いは避けたいところでした。結果として半分である和歌山県のクリアまでに要した期間は約5ヶ月。予定通りでうまく行き過ぎ?(笑)

【①沖縄県】初日から勝利してスタートダッシュに成功です! 角屋って、パチスロうまいのか? そういう疑問が生まれる。

【②鹿児島県】芋焼酎の三岳を飲みに連日の居酒屋へ。最後は桜島パワーを発揮してバジリスクⅡで爆発。急ぎ足で通過した最短県。

【③熊本県】初めての1人部屋に心踊る。馬刺と夜の街に心踊る。試練の筋肉痛に一週間悩まされる。とにもかくにもくまモンくまモン。

【④福岡県】中心部を避けることが大切なのだと気付く。試練に失敗し、ピエロに扮装。キャラが固まってくる。実際はただの変〇者。

【⑤山口県】激震走る! 7揃いガックン問題発生。世間との常識の違いを知る。結果的にツモってるので強気に語ってみる。

【⑥広島県】ハイビスカス前線に直撃。ハナハナ導入直後の甘いホールを見つけ稼働。11月2日の番長お残しを実は少し気になっている。

【⑦岡山県】苦戦するも地元山佐の機種に助けられて形をどうにか作る。一つだけ悔いがあると言えば、これが最後のシーマスター…。

【⑧香川県】人間性が出てきたのか前半に勝つと尻下がりになる傾向が顕著に。大逃げのスタイルが確立される。旅打ち必勝法DAZE!

【⑨兵庫県】前半に負債を抱えて急に不安になる。ノルマの怖さを体感。しかし、観光・試練共に充実し県の思い出は美化されてたり。

【⑩大阪府】最高収支県。まさかの連日ツモで大勝利。鬼門とはなんだったんだろうか…。一番の収穫は関西人と仲良くなれたこと。

【⑪京都府】数年ぶりの大雪に直撃。カブでの越冬に不安を感じる。いや、それよりもパチを打つ環境ではないことに不安を感じる。

【⑫奈良県】ブログの大半がGOGO乱舞。しかし、試練ではタイラさんがジャグで自分はビンゴと謎の構図になる。スッゲー負けたな…。

【⑬和歌山県】AT機の高設定を一発ツモ! もう一回やれって言われても無理なくらい偶然。しかし、嬉しすぎたからか思わずドヤ顔。

運命を左右する「1日の重み」を痛感

ここまでは大胆に攻めることも少なく、ハイエナラインも高めに設定しノルマプラスを確保。高設定狙いもリスクを低めにし、出れば続行、出なければヤメ。こう見えて序盤の高設定狙いは慎重に攻めていたのでツモ率も高かったと思います。

大きかったのは前半のアドバンテージを作った沖縄・熊本・山口。ここである程度の資金を確保できました。30万円以上あれば勝負もでき、期待値も追いやすくなります。旅打ち前はこの金額を一つの目標ラインにしていたので、急ぎつつも到達できたのは予想外でしたね。

そして、京都のクリア。大雪&正月という季節要因もありますが、全く戦える気がしませんでした。初日にガールズが爆発してくれたので、ノルマクリアは難なくできた感はありました。しかし、今考えても立ち回りの展望が見えにくく、あの日がなければどうなっていただろうと思います。当日のブログを見返しても、かなり大きな勝ちであることがわかります。旅打ちにおける「1日の重み」を痛感した日でもあります。

とは言え、前半は早い段階でノルマクリアしていたので、苦戦した県が少なかったのも事実です。最も負債が大きくなった兵庫県でもマイナス約2万4000円。かなり運に味方された期間だったと思います。

しかし、次回の三重県の頭からとんでもないことに…。次回は後半戦を振り返ります。

今回はここまで! 次回(4月19日更新予定)ではここまでの旅程をまとめて振り返り後半戦!! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー