まさかの全員マイナスで迎えた最終戦! ヘミニクが意地を見せる!!【PLAYBACK/スロマガアベンジャーズ5-5】

勝利の方程式に当てはまる台をただひたすらにブン回す!!

月刊パチマガスロマガ 2020年12月号掲載記事

月刊パチマガスロマガにて高い人気を誇っていたガチ実戦企画「スロマガアベンジャーズ」。2020年5月~2021年2月まで掲載されていたその企画をWEB上にて完全再現!

スロマガが誇る精鋭ライター6人のうち5人が実戦に参加。同一ホール内にて朝イチから実戦し、完全ノリ打ちでの収支プラスを目指す。はたして6人の実力はどれほどか…!?

その第5回となる今回はヘミニク・銀太郎・ガンちゃん・角屋角成・くまちゃむの5人がガチ実戦! 「末尾」を武器に、企画初の連続全員勝利となるか!?


エヴァ6っぽいけど…どうする?

私の末尾は8 でも怪しい末尾は5

実戦開始から一時間、推測ツールが弾き出したのは「設定4以上の期待度97%」というものだった。

であれば私の仕事はこの台を回す事だろう。ホールのチェックは他のメンバーがやってくれている、私まで見に回る必要は無いのだ。しばらくすると「末尾5が怪しい」という話になった。自分の末尾が8なのがちょっと気になるけれど、皆がそう思うなら仮に自分が見回ってもきっと「5」という結論に辿り着くハズである。

数時間後、「やっぱり末尾8っぽい」という話になった。通常ならば「ホラ末8じゃんか!」となるかもしれない。しかし私にその感情は一切無かった。なぜなら他のメンバーの「眼」を信用しているからである。その時その状況で最も可能性の高い末尾を見抜く眼を、このメンバーは備えている。メンバーの目は私の目でもあるのだ。

トータル収支は大敗だが、やることはやったので仕方無い。実戦終了後打ち上げに合流すると、メンバーは開口一番こう言った。「キャプテンが8を押さなかったからっすよ!」なんでやねん!

判別しやすさを意識したチョイスだったのですが、まさかの全台系っぽい雰囲気。末尾ではなく機種選択の時点で正解していた模様。最終的には全員末8に座れていたからその点はヨシなんだけど、トータル収支は笑えないことに。


知識と考察にヒキが追い付かず負け

あっち行ったり こっち行ったり

ヘミ「どうしてこうなった…」
銀太郎「うーん、最終的には当たり末尾に全員座れたと思うんですけど。とにかくそこまでがキツかったですね。あとは僕が凱旋でやらかしました、完全に」
ガン「凱旋は仕方ない。前回とは打って変わって厳しい展開でしたね。惑わされて、正解末尾に行くのも遅れちゃったし、これはどうしようもなかった…」
くま「真横が当たりでした! 悔しい!! 最初空いてたのに!」
角屋「まあ、基本的にそーゆうものだから(笑)。こういう日もあるってこと」
ガン「でも、あの段階ではどうすることもできないですし。ドンマイドンマイ!!」
ヘミ「そして、このタイミングでなんだけど…次回からホールが変わるらしい」
くま「えー! 最後くらい勝ちたかった!! それはなおさら悔しいですね!」
角屋「まあ、その悔しさをバネに次は勝てばいいんじゃない?」
ガン「よし、ホールが変わるのを機に一旦収支をリセットしましょう! なんて名案だ!!」
ヘミ「ガンちゃんは個人的に負けてる表をまっさらにしたいだけだからダメ!」
ガン「そんな殺生な~(泣)」

ピコンッピコンッと絶え間なくLINEが鳴り響く。どうやら苦戦している様子。いつも通り楽しそうだなぁと最初はその場には居ないけど参戦してるつもりでLINEを見ていましたが、途中からの投資地獄を見ていられなくなり、そっと通知をミュートに。やっぱりこの日は休みでよかったかもと思った瞬間でした。

今回はここまで! 次回(3月18日更新予定)もお楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー