沖縄県編ついに完結! 大幅マイナス収支からの大逆転は成功したのか!?【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル7 vol.5】

旅打ち終了の大ピンチに訪れた5万分の1…ここから怒涛の展開に!!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2016年2月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。これは移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで日本の端から東京を目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を、前回の角屋角成によるチャレンジに続き、今回もWEB上で完全復刻。現在もパチマガスロマガで活躍中の日向七翔が旅打ち人となって挑んだ、過酷な旅程をまとめて公開していきます!!

2015年12月に沖縄の地を出発するのは角屋のときと同様ですが、なんと今回は北海道を目指して日本列島を一気に北上。そこから東京を目指すという前回以上に超ハードな旅となっています。

設置機種は当時のものながら、その立ち回りは今でも確実に役に立つこと間違いなし! 旅打ちの結果とともに…その機種・その土地ならではの立ち回りをお楽しみください!!


結論から言えば…無事に沖縄県の脱出に成功!!

大事なことは自分を信じて打つこと!

前回、14日間稼働で沖縄県収支はマイナス。さらに、6万円の借入金をしましたが、そこから勝ち続けてプラス域に! 最終的にプラス17万円超で沖縄県を突破しました。

負け続けていたからといって何かを変えたわけではありません。ただ自分の立ち回り方を信じて打ち続けただけです。パチスロはプラスの期待値を積み続ければ、いつか必ず結果がついてくるもの。沖縄県での稼働でそれを再確認出来ました。

旅打ちとは初めての地域での稼働、さらに使えるお金が限られています。その状況下で結果がついてこない。これはかなりのプレッシャーでした。「自分の立ち回りが間違っているのか」「本当に勝てるのか」と疑心暗鬼になり、何度も立ち回りを変えようかと考えました。

しかし、考えれば考えるほど自分は間違っていないと確信。高設定も打てているし、ハイエナでもしっかりプラスの期待値を拾えている。ただ、結果がついてきてないだけという結論に。それならば「今までの立ち回りを続ければ結果はついてくるはず」と自分を信じて打ち続けました。パチスロで勝つことを目標にする上で一番ダメなのは、目先の結果に左右されてしまい立ち回りがブレること。それで立ち回りを変えてしまっては元も子もないですからね。

沖縄で負け続けて、自分が疑心暗鬼になっている時に家族や友達、そして編集部や読者の言葉に背中を押してもらいました。多くの人からの「大丈夫、君は間違ってない。自信を持って頑張れ」という言葉がすごくありがたかったです。自分に連絡をくれた人や、直接声を掛けてくれた一人一人にこの場を借りて再度感謝の言葉を贈りたいと思います。本
当にありがとうございました。今後も頑張ります!

リタイヤ寸前から奇跡の復活!!

起死回生のフリーズ! そして鹿児島県へ

何を打ってもマイナス続きだった沖縄県。しかし、徐々に高設定狙いやハイエナの結果がついてくるように。そして17日目、とうとうその瞬間が訪れました。

バジリスク絆のハイエナをしていて、BCの準備中に強チェリーが成立。何も考えずにレバーを叩くと…フ、フ、フリーズ! 朧の花嫁姿が目に入った瞬間、ビックリしすぎて頭の中が真っ白になりました。

この台のフリーズ確率は、約5万分の1。まさか旅打ち終了の危機にそれを引くとは…。あまりにドラマティックな展開すぎて頭の中も何秒かフリーズしちゃいましたからね(笑)。

このATで約3千枚獲得。その日の収支が約プラス8万円でついに沖縄県のノルマクリア! さらにその次の日にはキングハナハナで5千枚獲得! 序盤苦戦していたのは何だったのやら…。

沖縄県の収支は13日目の時点でマイナス8万円。そして、最後の稼働になった26日目のトータル収支がプラス17万オーバー。試練や観光をして稼働してない日もあるので、実質10日間前後で約プラス25万円。あんなに勝てなかったのが、まるで嘘みたいですね。

そして、その勢いのまま鹿児島県に突入。鹿児島県では最初からハイエナ・高設定狙い共に結果がついてきて連戦連勝。今後もこの勢いを持続させていきたいと思います。

2店舗をメインに立ち回りました。沖縄突破に向けて転機になったのは、マイジャグラーⅢの導入。ハナハナに加えて、経験値があるジャグラーを攻められるようになったのが大きかったです。

大幅プラスの勢いのまま沖縄県の試練に挑む!!

初の試練に挑む! 気合でやるしかない!

「トリプルクラウン(以下トリクラ)でボーナスを60回引け」―この試練内容を聞いた時にまず自分が思ったのは設定6じゃないと厳しいと言うこと。

トリクラの設定6のボーナス合成は156分の1。ボーナスを60回引くためには、約9400G回さなければいけません。ブログを書きながらの状況だと、ギリギリ回せるかどうかと言うところ。この時点で狙いは設定6の一択。前日までにあらゆる状況をシミュレートして試練へ。

これが旅打ち最初の試練になります。今後を占う1発目。しっかりクリアして今後に繋げていければと思っていたのですが…。

試練の日、まず自分が向かったのは据え置き傾向が強いホール。抽選で良番を引ければ高設定濃厚の台を打てるというホールです。気合を入れて抽選を引くと、出てきたのは139番。これでは不可能です。

すぐさまホール移動をしました。移動したホールは高設定の場所は絞りきれていませんが、平均設定が高く必ず設定6が存在すると予想していたホール。1日打ちきる人も少ないので、後ヅモも視野に入れて実戦を開始しました。結果は惨敗。1000Gハマリを3度するなど、手も足も出ず…。1日トリクラに翻弄されっぱなしでした。

罰ゲームはイラブー料理を食せと言うもの。イラブーとはウミヘビの一種です。自分はゲテモノ料理が苦手。罰ゲームを完遂できるのか? と思っていたのですが、ビビリながらも一口食べてみると…美味しい! 少しグロテスクな見た目とは裏腹に、あっさりしていて意外に食べやすかったです!

今回はここまで! 次回(4月30日更新予定)では沖縄県を脱出して鹿児島県へ上陸! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー