こんな台も落ちてるの!? 稼働が低いホールで驚きの状況に遭遇!!【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル7 vol.31】

厳しかった秋田もノルマクリア! 残すは試練のみに!!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2016年2月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。これは移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで日本の端から東京を目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を、前回の角屋角成によるチャレンジに続き、今回もWEB上で完全復刻。現在もパチマガスロマガで活躍中の日向七翔が旅打ち人となって挑んだ、過酷な旅程をまとめて公開していきます!!

2015年12月に沖縄の地を出発するのは角屋のときと同様ですが、なんと今回は北海道を目指して日本列島を一気に北上。そこから東京を目指すという前回以上に超ハードな旅となっています。

設置機種は当時のものながら、その立ち回りは今でも確実に役に立つこと間違いなし! 旅打ちの結果とともに…その機種・その土地ならではの立ち回りをお楽しみください!!


秋田県ではアンバランスな状況に最後まで苦戦することに!!

稼働の低さに苦しめられました

秋田県では苦戦の連続でした。

その理由は稼働がかなり低かったからです。稼働が高いホールはほとんどないですが、パチスロ生活者は多めというアンバランスな地域。数少ない期待値のある台を多人数で取り合っている状況でした。こういう状況だと自分は不利。古くからこの地域で立ち回ってる打ち手と比べたら、圧倒的に情報不足ですからね。

そのため、自分は稼働が低くてもライバルが少ないホールで立ち回りました。ハイエナは結果がついてこない事もしばしばあります。しかし、今回は早めに結果がついてきてくれてなんとかノルマクリア。台数をあまりこなせていなかったので、結果がついてきてくれて本当に助かりました。

秋田県は今まで突破してきた県の中で、一番厳しい地域といっても過言じゃないと思います。

恒例の美女図鑑では日向が意地を見せた!!

秋田県ではライバルが皆無のホールで勝利

前ページでも触れましたが、秋田県ではライバルが少ないホールで立ち回りました。

秋田県は元々稼働が低いホールが多いので、稼働が高く貯玉再プレイが出来るホールにライバルが多く集まっています。今回使っていたホールは、このようなホールとは全くの正反対。稼働が非常に低く、貯玉再プレイが出来ないホールを選びました。ここなら打てる台数が減るデメリットはありますが、大きなハマリ台が落ちている可能性が高まります。

ライバルがいないホールでは、高い期待値の台が長時間放置されている事もしばしばあります。さらに、予想外の深いハマリ台も落ちている事も…。

現に秋田県では、学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッドの1257Gハマりをゲットしました。他にも大きいハマリ台を拾え、これがノルマクリアの原動力になりました。もちろん、毎日拾えるわけではありませんし、1日1台も控えない日もあります。しかし、稼働が低いホールだとライバルがほぼいないので、立ち回りやすくなるのは確か。天井直前みたいな台がたまに拾えるだけでも、見に行く価値があると考えます。

使えなさそうなホールでも考え方次第で優良店に変わります。そのため、ホールチェックは勝つために大切なことのひとつだと思います。

思ってたより厳しい地域

秋田県は小型ホールが複数店ある地域で立ち回りました。ホール間の距離はなかなか近いですがどのホールも予想以上に稼働が低め。地域全体が非等価+貯玉再プレイが出来ないホールも多く、かなり厳しい地域だと感じました。

秋田県では旅打ち恒例のあの試練が待っていた!!

この試練は男のプライドを賭けた戦いです

美女図鑑…これは男のプライドを賭けた戦いです。旅打ち恒例の試練ですが4代目以降での失敗者はなし。試練失敗は罰ゲームと共に男として大事な何かを失なってしまいます。いつも以上に気合を入れて挑みました。

試練が始まると、なかなか撮影OKがもらえずアタフタ。このままではマズイと思い夜中まで試練を続行。すると、徐々に撮影をOKしてくれる美女が! さらに声を掛け続け、試練終了時には6人の美女の撮影に成功しました。

男のプライドを守ることが出来て一安心です(笑)。撮影に協力して下さった皆さん本当にありがとうございました。

今回はここまで! 次回(6月14日更新予定)では秋田を脱出! 青森県編をお届け!! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー