奈良県を大勝で攻略し和歌山県へ! そして初日からいきなりの大勝負!!【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル6 vol.21】

初日の立ち回りで運命が決まった!? まさかの展開に本人も驚愕!!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2014年11月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。これは移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで日本の端から東京を目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を今回はWEB上で完全復刻。何度も実施された旅打ち企画の中から、現在もパチマガスロマガで活躍中の角屋角成がチャレンジした第6弾をお届け!

2014年9月に沖縄の地を出発し、東京を目指すという超ハードなこの旅。設置機種は当時のものながら、その立ち回りは今でも確実に役に立つこと間違いなし! はたしてその結果はどうなったのか…最後まで見届けてください!!


ノーマルタイプを得意とする角屋が序盤からAT機を実戦!!

大都会より田舎が好きなんです!

奈良県はプラス10万以上と個人的にもかなり大満足な結果を残すことができました。自分の理想はノーマルタイプで粘って勝つ。あまり競争率の高くないホールでのんびり打つ。はい、誰もが思っていることですかね(笑)。これを現実にできたのが奈良県でした。

日々足を運ぶホールやすべきことが決まっていると私生活にも余裕が生まれます。余裕ができると立ち回りの幅も広がります。

そして、次は和歌山県。毎度言っていますが、和歌山って!? みたいな感じで知らないことだらけです。まずは中心部にあるドミトリーに根城を置いて散策してみると…。

そ、想像以上の田舎でございます。一体どこが中心部なのか正直わからなかったくらいです。どうやら和歌山県も自分の肌に合った土地になりそうですね。旅をしてきた限りで田舎のホールは良い印象が強いので、期待してホール回りをしていると…。うーん、正直に言うとイマイチ。稼働量・ホール数を考えるとパチンコ・パチスロ自体があまり盛んではなさそう。今までの中では、京都と同じ印象ですかね。

不安を抱えながらの初日でしたが、県移動の序盤に超のつく特定日が控えていたのです。これは朝イチから高設定をつかむ大チャーンス! 気合を入れて行ってみますか!

1月23日は朝イチからAT機で大勝負!!

朝イチからサラ番の高設定狙い!!

和歌山に突入して狙うことにしたのは関西では有名な系列店。ホール名から特定日は一目瞭然。初日に回った限りでは勝負のアテもメインホールも決まらなかったので、自分には珍しく強い特定日で勝負といきましょうか。

めぼしいホールで下見をすると、いくつかのAT機に力を入れている様子。そうなると、ノーマルタイプはたいして狙い機種を絞れないため、勝負は少し難しいような気がしました。そこで、周りの挙動を確認できて、なおかつ高設定でもヤメてしまう可能性の高いAT機を攻めることに決めました。

当日ホールに向かうと、今までに体験したことのないような人の量。その中で143番という良番をゲットしました。狙いのAT機のどれかには座れそう。そして、入場すると第1希望ではないものの押忍!サラリーマン番長のめぼしい台に座ることができました。

朝イチの当たりは847G…。っておーい。シマでビリケツの当たりでした(笑)。しかし、ATには入らないもののすぐに特大設定差である1枚役からの仁王門を確認。そして、次の当たりからATに突入させてさらに絶頂ラッシュ! 夢にまで見た展開が和歌山で起こっています。これで大量上乗せに成功し、戦えるだけの出玉を獲得します。

その後も、一度原点付近まで追いやられたものの高設定挙動。いつもは周りの台を見ながら押し引きするものの、もはや自分の台の数値をいかに信じることができるかの戦いに。結局、最後まで自分を信じ、終日実戦と相成りました。勝ったことよりも、AT機1台を終日打てたことが今後に向けての自信となりました。

今回はここまで! 次回(2月26日更新予定)では和歌山県・試練編をお届け!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー