実戦ホールにある法則が!? これが勝利への道標…となるのか!?【PLAYBACK/スロマガアベンジャーズ3-2】

リーダーらしい立ち回りでしっかりと勝利を狙う!!

月刊パチマガスロマガ 2020年10月号掲載記事

月刊パチマガスロマガにて高い人気を誇っていたガチ実戦企画「スロマガアベンジャーズ」。2020年5月~2021年2月まで掲載されていたその企画をWEB上にて完全再現!

スロマガが誇る精鋭ライター6人のうち5人が実戦に参加。同一ホール内にて朝イチから実戦し、完全ノリ打ちでの収支プラスを目指す。はたして6人の実力はどれほどか…!?

その第3回となる今回はヘミニク・銀太郎・ガンちゃん・角屋角成・わるぺこの5人がガチ実戦! わるぺこが撤去目前のサラ番を狙う立ち回りが吉と出るのか!?


そこに気づくとはやはり天才か

とある法則に気付けたことが収穫

「末尾5か!?」

お昼を回った頃合い、銀太郎がチームのグループLINEでそう呟いた。むむむ! それを見た瞬間、私はホールを駆け巡って末5のデータを採取した。末尾に仕掛けがあるという法則は、過去の実戦においては存在しない。しかし、今回から新たに始めたという可能性は決して否定出来ないだろう。

末5のデータを採取した結果、私のファーストインプレッションは「あるんじゃねコレ!?」だった。…いや、でもジャグ系の末5は何かイマイチだな。うーん半分4以上とかか? いや、そこまでアリナシのラインを妥協してしまったら、たまたまの可能性も否定出来ない。しかし末5に何かしらの煌めきは感じる。今日5日だし。

私の出した結論は、とりあえず様子見。もう一押し強かったら、まだ0回転だった凱旋の末5に突撃していたと思う。末尾を狙うということは、ソレが出来るかどうかでもあるのだ。しかしながら、あの短時間で末5に可能性を感じた銀太郎はさすが。パチスロで勝つとは気付きのゲームでもあるのだ。

最後にサラ番2の末5に軽く触れてみたけれど、さすがに時間が足りなかった。調査する意味でも、もっと早い段階から末5を触ってみても良かったかも。最終的に末5はボチボチ形になっていたので、次回以降に繋げたいところ。

今回はここまで! 次回(2月2日更新予定)はガンちゃんがあの機種で思わぬ大苦戦!! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー