岡山県の試練の場所はなんと山佐本社! 当時の最新台で実戦バトル!!【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル6 vol.12】

これまでの状況と違った岡山県…立ち回りのコツは!?

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2014年11月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。これは移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで日本の端から東京を目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を今回はWEB上で完全復刻。何度も実施された旅打ち企画の中から、現在もパチマガスロマガで活躍中の角屋角成がチャレンジした第6弾をお届け!

2014年9月に沖縄の地を出発し、東京を目指すという超ハードなこの旅。設置機種は当時のものながら、その立ち回りは今でも確実に役に立つこと間違いなし! はたしてその結果はどうなったのか…最後まで見届けてください!!


無事にノルマクリアした勢いで試練も突破…するはずが!

旅打ちで勝ち続けるためには各県での状況把握が重要

岡山県を含め7県をクリアしましたが、新たな県に突入すると最初に換金率と営業時間の確認をします。ホール営業は条例で決められているため県ごとで違います。熊本はパチンコの確変持越しが可能でした。新台入替での店休日の有無や営業時間など全て条例によるローカルルールですね。そして、立ち回る上で最も重要な換金率の把握が旅打ちでは最優先事項です。

初見のホールで立ち回る際は出玉のベース、特にノーマルタイプのデータ履歴や稼働を見ます。もちろんホール毎で違いますが、5・6店舗ほど見ればベースは見えてきます。

さらにパチンコの釘をザックリ見るような癖をつけています。等価かどうかの判断はパチンコを見て分かることが多いので。貯玉再プレイが可能かどうかや、利用している客層などを見るのも参考になります。

ここまで等価と非等価の地域を立ち回ってきて少しずつ、その予想ができるようになってきました。そんな岡山の基本は等価交換。少しだけ非等価も混ざっていますが、気にするほどの数ではありません。早くホール状況を知り、その土地に合わせた立ち回りを素早くできるようにする。この判断が重要だと思います。

今回の岡山県は自分のスタイルが合わない土地であったため、基本的にはハイエナ稼働。稼働量は少なかったですが、それが自分の中でベストな立ち回りだと感じ選択しました。守りに入る県があれば、攻める県もあるということです。岡山で稼働しきれなかった分を次にどこで補填するのか。一年間ある旅打ちの中で、バランスを取りながら進んで行きたいと再確認できました。

次から四国ですが、ここでも臨機応変でやっていく予定です。

3つの市をカブでひたすら走る。

岡山市内に根城を準備したものの、うまく立ち回れないと予想し隣の倉敷市へ。倉敷市での稼働の中心は工業地域。さらには総社市までお邪魔して過去最高の行動範囲になりました。

ノルマだけじゃなく試練もギリギリ! 奇跡が!?

この戦いを楽しみにしていました!

旅打ち恒例行事。岡山県の山佐試練です。これをどれだけ楽しみにしてたことか…。稼働中に山佐直営店に行くたびに山佐機種ヒストリーみたいな表を眺めていました。パチスロの勝ち方を最初に覚えた機種はキングパルサー。なので、この機種を作った山佐に行けるだけでとても幸せ。そんな気持ちでいっぱいです。

今回の実戦機種はパチスロシーマスター~ララ、旅立ちのプレリュード~。まだ全国のホールには導入されていません。それに触れることができる。この瞬間にまた自分が旅打ち人であることを再認識します。勝負は上乗せ対決。対戦相手はお馴染みメタカエルさん。交互に5つの特化ゾーンを順々に消化していきます。

って、前半でかなり差がついていますが…。そんな諦めかけた3戦目にメタカエルさんが不発に終わり少し差を詰め寄ります。そして、4戦目のシーマスターラッシュキングの第1打にプラス200G。ここで一気に逆転してそのまま逃げ切りギリギリの勝利! 本当に手に汗握る戦いでした。

あとはここでやったことをホールで決めるだけです!!

今回はここまで! 次回(2月10日更新予定)では四国に上陸! 香川県の模様をお届け!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー