◎日付検索

カレンダーの日付を押すと、その日に更新された記事が一覧で表示されます。

万枚達成後も立ち回りは絶好調! ついに九州から四国へ上陸!!【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル7 vol.9】

日向にとって初めての四国! これまで通りに立ち回れるのか!?

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2016年2月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。これは移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで日本の端から東京を目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を、前回の角屋角成によるチャレンジに続き、今回もWEB上で完全復刻。現在もパチマガスロマガで活躍中の日向七翔が旅打ち人となって挑んだ、過酷な旅程をまとめて公開していきます!!

2015年12月に沖縄の地を出発するのは角屋のときと同様ですが、なんと今回は北海道を目指して日本列島を一気に北上。そこから東京を目指すという前回以上に超ハードな旅となっています。

設置機種は当時のものながら、その立ち回りは今でも確実に役に立つこと間違いなし! 旅打ちの結果とともに…その機種・その土地ならではの立ち回りをお楽しみください!!


大分県では北斗以外の稼働も絶好調で大幅プラス!!

絶好調だった大分 快勝の要因は下見です

大分県ではハイエナをメインに稼働し、収支はプラス約37万円と大満足な結果に。北斗転生での万枚がありましたが、ハイエナも絶好調でした。

大分で立ち回る上で大事にしていたのは、広範囲で下見をすることです。大型ホールなどは下見をしている人が多かったですが、小型ホールはほぼ皆無。この特性を活かし立ち回りました。

朝イチは大型ホールで前日のハマリ台を打つ→打ち終わったら小型ホールに移動→前日のハマリ台を打つ→大型ホールに戻って宵越しのハマリ台を打つ、といった立ち回り方。

小型ホールを下見することには、利点が多くあります。まず下見している人が少ないので、他の台を消化した後でも前日のハマリ台を打てる可能性が高い。さらに、レベルの高い打ち手が少ないので、高い期待値が落ちていることが多々ある…など。地域によって有効な立ち回りは変わりますが、大分ではほぼ完璧に近かったと思います。

そして次なる地は高知県。自分は四国に行くのが初めてです。ホール状況などはわかりませんが、それはどの地域にも言えること。自分の立ち回りさえ出来れば、勝ち進むことができると思います。九州後半での勢いそのままに四国でもたくさん勝ちたいですね。

大分は驚異の勝率でクリア!!

ブルーレジェンド狙いで大量出玉ゲット!

大分ではハイエナだけでなく、高設定狙いやゾーン狙いも上手くいきました。その一部を紹介したいと思います。

下にあるデータは、押忍!サラリーマン番長の前日ブルーレジェンド状態だった台を狙ったもの。朝イチから狙うのは若干不安でしたが、ホールの傾向的に据え置きだと予想し攻めました。

すると、朝イチのボーナスが青BB! この時点で前日の据え置きがほぼ確定。つまり、ブルーレジェンド濃厚となります。そのまま打ち続けると、予想以上の青BB連打。投資が2万1000円もかかりましたが、約3000枚の出玉を獲得できたので満足でした。

今までブルーレジェンド狙いはあまり勝てるイメージがしなかったですが、今回狙ってみるとそのイメージがガラッと変わりました。まぁ、拾える頻度はかなり少ないですが、今後も見つけたら積極的に狙いたいと思います。

ノルマだけじゃない! 試練も過去最速突破!!

久しぶりのユニフォーム! テンションマックスで挑みます!

大分県の試練はリフティング。何を隠そう元サッカー部。当時は天才と言われた男です(笑)。意気揚々と試練を開始すると、1回目の挑戦で試練クリア。さらに5回目の挑戦では、副賞の500回達成でゲット! 今回の試練は楽勝でしたね。

■1回目→130回 ■2回目→300回 ■3回目→170回 ■14回目→397回 ■5回目→510回

動きやすい立地でした!

大分県は、ホールの立地・各ホール間の距離がちょうど良く、自分的には立ち回りやすい環境でした。完全据え置きの大型ホールなどもあり、立ち回りやすい地域でもありました。

今回はここまで! 次回(5月7日更新予定)では日向人生初となる四国・高知県へ!! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー