ここは意地でも続行!【第68回・SLOT魔法少女まどか☆マギカ2編】

競争率が低い理由

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

→過去の記事はコチラから

 

全台高設定シマ。

スロッターにとって夢のような言葉である。

ここ最近は、全台高設定機種を狙って立ち回る頻度が増えています。

今どき全台系なんてあるのかよ? と思う方もいるかもしれませんが、某ホール情報誌の特定日などでは、公約通り設定を使っているホールも多いです。

そして、それら情報を頼りに、ホール選びをするのが最近の立ち回りの基本になりつつあります。

さて、その中から選んだとあるホールの特定日ですが、実際に設定を使うかどうかはホール次第。

仮にバジリスク絆が対象の場合、ガチで全台設定6のホールもあれば、いいとこ2分の1で設定4程度のホールもある。

ホールによって当たりハズレがあるので、信頼出来るホールかどうかはあらかじめ把握しておきたいところ。

とはいえバジ絆全6やるようなホールならば、人が殺到して座ることすらままならないでしょうけどね。

今回実戦したホールは、競争率は低いながらも対象機種のいずれかが全台高設定となるホール。

なぜ信頼度が高いのに競争率が上がらないのかと言うと、駅からそこそこ離れた郊外店のため、他の打ち手からマークされにくいから。

競争率が上がらないホールが高設定を使うことが、勝ちやすい状況が続く秘訣と言えましょう。

高設定が1台確定すれば…

この日の対象機種はユニバ系。

設置台数的に全台系の可能性があるのはSLOTバジリスクⅢかSLOT魔法少女まどか☆マギカシリーズあたり。

抽選で良番を引けたのでとりあえず初代のSLOT魔法少女まどか☆マギカを抑える。

が、思った以上に「2」の埋まりが早く、確保しているメンツも濃い。

仮に「2」が全台高設定だった場合、朝イチを逃したらもう空くことはないだろう。

というわけで、初代から咄嗟にそちらへ鞍替え。

果たしてこの判断は吉と出るか凶と出るか。

シマは朝からフル稼働。

僕の台はと言うと、投資が止まらずあっというまに40本超の負債。

涙目になりながらもなぜ追い続けたのかと言うと、出ちゃったんですよね、二つ隣の台で 「みんなには内緒だよ」 が。

全台系があるホールで高設定が1台確定すれば、その機種が対象である可能性が飛躍的に高くなる。

まだ誰もヤメていないことも踏まえれば、このシマが当たりである可能性は極めて高い。

ならば40本程度の投資で折れる訳にはいかない。

ここは意地でも続行! 

そんな心構えで諭吉を突っ込んでいたらば、13時を回る頃、我が眼前にも 「みんなには内緒だよ」 降臨。

まさに投資と意地が実った瞬間である。

以後は設定6の実力をいかんなく発揮し、逆転勝利でフィニッシュ。

終わってみればやはりSLOT魔法少女まどか☆マギカ2が全台高設定。

普段なら途中でヤメていたかもしれないけれど、他の台と比較出来る全台系だからこそ打ち切れたパターンですね。

まあ、朝イチいきなり濃いメンツで埋まったのが、今回ツモれた一番の要因だったけれど。

 

 

SLOT魔法少女まどか☆マギカ2

総ゲーム数…8626G
BIG…1/227.00・38回
ART…1/447.00・10回
総投資金額…4万9000円
総獲得枚数…5761枚
総換金額…10万2500円
収支…+5万3500円

現在のヘミニクから一言!

全台系狙い、良いですね。

今の自分も全台系狙いで立ち回ることが多いです。

全台系の良いところはなんと言っても判別スピードの速さ。

これに尽きます。

ピンポイント狙いに比べたら圧倒的に速くて正確です。

これは末尾とか塊狙いとかも一緒なので、結局何かしらの法則性があればパチスロは勝ちやすくなるってことですね。

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー