前回の惜敗を糧にそこから昇り調子になるはずが…負債が増加!!【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル6 vol.36】

あの機種の登場をきっかけに状況が一変! プラス域突入!!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2014年11月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。これは移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで日本の端から東京を目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を今回はWEB上で完全復刻。何度も実施された旅打ち企画の中から、現在もパチマガスロマガで活躍中の角屋角成がチャレンジした第6弾をお届け!

2014年9月に沖縄の地を出発し、東京を目指すという超ハードなこの旅。設置機種は当時のものながら、その立ち回りは今でも確実に役に立つこと間違いなし! はたしてその結果はどうなったのか…最後まで見届けてください!!


「間違ったことはしてないはず」―それだけを頼りに打ちまくる!!

抽選を勝ち抜いた先には何がある?

繋がっていくはずでしたが、栃木6日目を終えてマイナス8万円越え。ほえ? 増えとる!? はい、調子に乗ってミリオンゴッド-神々の凱旋-のハイエナや高設定狙いをしてしまいました。ただ間違ったことはしてないはず。←もう、うるせぇよ!

しかし、やはりハイエナ稼働。続けると結果はおのずとついてきます。5月16日に関しては打てば出るというまさに無敵状態でプラス8万1000円。その後は最新機種であるパチスロゴッドイーターが大活躍。稼働も良好で、ハイエナで多くの台数を拾うことに成功しました。その勢いで終盤の5日間で一気に10万円以上の勝ちを重ねてノルマを達成。そして無事脱出。

さて、現在は茨城県で稼働中です。ホール回りした限りでは感触は悪くはない。すると、まだメインホールも定まらない中で831Gハマりのミリオンゴッド‐神々の凱旋‐を発見。

県序盤なので打つのを迷いますが、見過ごすわけにもいかずリスク覚悟で打つことに。投資が増えるにつれ背中に汗をかいてきましたが、打ち始めちゃったものは仕方ない。どうやら茨城の苦戦濃厚です。

そのまま天井に到達して奇数揃い。しかし、げんなりしながら消化していたGG中に急に音が止まり、聞こえてきたのは、まさかのアメグレ。さらには途中でGOD降臨。あれよあれよの5千枚オーバー。この一発でノルマプラスαをゲット。これで茨城は余裕かな?

栃木県の中心部を攻める

前半は強めのホールが密集している地域の煽りに釣られてしまい失敗。後半はA地域を中心にハイエナ。B地域はハイエナ・高設定狙いと頼りになるホールが1店。自分と同じようにハイエナをしてるライバルが多かったです。

試練として強敵が登場! 苦戦続きの中、見事勝利なるか!? 

芸人? 王? 王子? いや彼は過去に…

恒例のパチスロ対決。お相手は第6代スロマガ王。急にハードルが上がったように思えますが、実はキリン王子さんは過去に旅打ちに応募したこともある生粋の旅打ちフリーク。これは楽しみな対決になりそう。

試練の日を前にして大量負債は減らしたものの栃木県はノルマを達成していない状態。1日たりとも無駄にはできない。ここはメインホールの特定日も重なるし、自腹で勝負して試練と県ノルマのダブル達成を目指します。

朝イチはゴーゴージャグラーからスタートし上々の滑り出し。高設定挙動ではないもののビッグのヒキに助けられ、早々にアドバンテージを得ます。瞬間的に県ノルマも達成したのですが、まだ試練に必要な3千ゲームには足りず。

その後はハイエナを重ねていきます。試練なのに完全に普段の稼働。しかし、そんなことも言ってられないのが旅打ちの現実。こうなったらお相手キリン王子がコケてくれるのを願うばかり。その願いが届いたのか、バチスロ ゴッドイーターで初当たりは引けているようですが全く伸ばせていない様子。そのまま時間は過ぎていき、特にお互い見せ場もない展開のままタイムアップを迎え、なんとか勝利。

その後は互いの健闘? を讃え合いながら酒場へ。旅打ちに対する想いを聞きつつ、会話に華を咲かせます。そこで気付いてしまいました。彼は真面目王子だった(笑)!

今回はここまで! 次回(3月24日更新予定)では収支大幅増を目指す! 茨城県編をお届け!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー