◎日付検索

カレンダーの日付を押すと、その日に更新された記事が一覧で表示されます。

秋田・山形とクリアして挑んだ福島では得意のスタートダッシュが不発!【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル9 vol.4】

6万円の負債を抱えた状況で立ち回った結果は…

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2018年10月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで指定されたスタート地点から日本を巡ってゴールを目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を、前回までの角屋角成・日向七翔によるチャレンジに続き、今回もWEB上で完全復刻。9代目の旅打ち人となる天香膳一(あまがぜんいち)による日本縦断の旅の模様をお届けしていきます。

2018年8月1日、北海道をスタート地点としそのまま日本列島を南へ。各都道府県でノルマを達成しつつ、1年かけての沖縄到達を目指す今回の旅打ち。企画が進むたび過酷度がアップしていく中、無事にクリアできるのか要注目!

また2018年当時の設置機種ばかりとなりますが、未体験の地での立ち回りの様子はみなさんの参考になること間違いなし! どんな機種でどのくらい勝っていくのか、その様子もあわせてチェックしてください!!


地域に合わせた立ち回りが旅打ち制覇には必須

快調なスタートダッシュ! 勢いに乗れるか!?

なかなか結果が出なかった秋田県をなんとかクリアし、次の県である山形県に到達。移動距離200kmをかけてやってきたのは店舗数が多い主要都市。

これまでの旅打ちでやっぱり店舗数が多いとチャンスがあると感じていたので、ここを拠点とすることになりました。これまで同様に、相変わらず出だしは好調。

山形県初日は様子見のハイエナから誤爆が起こり、一撃3500枚オーバー獲得に成功。さらにはしっかりと下見を行い、次の日は推定中間設定ながらも2500枚オーバー獲得と、2日間合計で約10万円オーバーのプラスを計上することができました。

しかし、好調なのはここまででした。次の日からは下見に時間をかけてもヒントはなく、挙句には打てる台すらないという日々が続きました。なんとか序盤のリードを守りきった形で福島県へと移動することとなりました。

今回の旅で初めての大敗 巻き返せるのか?

好調に続いてきた旅打ち。続いてやってきたのは、東北最後となる福島県。ここで今までにない最大のピンチが訪れたのです。

初日から下見を行い、マイジャグラーⅢの高設定狙い。挙動が良くなかったため、その後はハイエナに切り替え。打てる台を数台打ちましたが、結果が出ずにいきなり6万円超えの大敗からスタート。今まで好調だったツケが回ってきたかのように、福島県はかなり不安なスタートとなってしまいました…。

しかし、こういう展開になることも想定内。ここで焦らず、冷静に店舗の状況を再確認することにしました。そこで発見したのはAT機のハイエナ狙い。リスクは高いですが、打てる台が多いことに気づき、立ち回りを変更することに。この決断が功を奏し、一気にプラス域へ浮上。

さらにプラスを上乗せし、結果的には大勝することが出来ました。

今まではノーマルタイプの高設定狙いをメインとした立ち回りでしたが、今回は180度変わった立ち回り。その地域に合わせて、柔軟に立ち回りを変化させることが旅打ち制覇には大事だと改めて実感させられる期間となりました。スタートはつまづいてしまったものの、これからの旅打ちに活きる稼働となりました。

今回はここまで! 次回(7月28日更新予定)もお楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合