【5号機時代と比べて設定状況が悪くなった】今、狙い目のジャグラーシリーズとは!?

【5号機時代と比べて設定状況が悪くなった】今、狙い目のジャグラーシリーズとは!?

はじめに

虚心坦懐の「浅学寡聞は損の元」、第29回。

 


 

ホールでは「パチスロ甲鉄城のカバネリ(Sammy)」「スマスロ北斗の拳(Sammy)」の二強ムードのところが昨今多いですが、こと還元率では、王道機種の「ジャグラーシリーズ(北電子)」も相変わらず、負けてはいません。

今回は、5号機時代と比べて設定状況が悪くなった理由や、ジャグラーシリーズの中でも最近、高設定の使用頻度が下がった機種について、解説していきたいと思います。

「コイン単価」とは!?

まずは、ホール関係者がよく使っている「コイン単価」という言葉を理解しないといけません。

「コイン単価」とは、パチスロ台がコイン1枚で売上げる数値を表わします。これは当然、機種により異なります。例えば、設定1での5号機「バジリスク絆(エレコ)」なら約3.4円6号機「バジリスク絆2(ミズホ)」なら約2.3円という数値になります。つまり、お客さんがコイン(1枚20円)を投入することで、ホールはそれぞれ3.4円、2.3円の売上を上げることになる訳です。もちろん、設定が高いほどホールの売り上げも下がるため、コイン単価も低くなります。

また、この「コイン単価」は機種の波の荒さを示す指標ともなっており、設定1での5号機「アイムジャグラー(北電子)」のコイン単価は約2.3円なのに対し、荒波の代表格5号機「アナザーゴッドハーデス(ミズホ)」は約4.5円倍近い数値となります。つまり、コイン単価の数値が高いほど波が荒くなり、ホールにとっては儲けが出やすい機種ということになります。

5号機、6号機の「ジャグラーシリーズ」コイン単価の違い

ホールも企業なので、儲けが出ないことには還元できません。こと人気のジャグラーシリーズについても同様です。5号機時代のジャグラーシリーズ設定1でのコイン単価は約2.3円。それに対し6号機では約2.0円となり、設置台数も多いため、5号機時代に比べ売上自体が大幅に下がってしまっています。

これが、6号機での平均使用設定が低下した原因となります。

まとめ

以上の理由で、ジャグラーシリーズ自体の高設定比率は5号機時代に比べて下がりましたが、その分、コイン単価が低い機種であるため大負けにも繋がりにくく高設定なら5号機時代より安定して勝ちやすい機種となったのです。これは虚心的には嬉しいことで、5号機時代なら打たなかったマイジャグ以外の設定4でも、6号機なら打てる設定となったのです。

また、全国的に「マイジャグラー5」の検定期間終了間際のため、中古価格も値段が落ち、高設定が使われづらくなってきている傾向にあります。ただし、ホール毎のクセが強く、設置比率により高設定の使われ方も様々だったりもします。筆者の地域では圧倒的に「アイムジャグラー」に高設定が使われていますね。

キャバクラでも、嬢のアフターOK率の指標として「ドリンク単価」を採用してくれないかな~(笑)。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー