【パチンコ/パチスロ】知らないと大損をする貯玉補償!!【会員カード】

【パチンコ/パチスロ】知らないと大損をする貯玉補償!!【会員カード】

はじめに

虚心坦懐の「浅学寡聞は損の元」、第48回。

 


 

今年に入っても、残念なことにホールの閉店RUSHは継続中ですね。知り合いのホール従業員の中には、閉店数日前まで知らされていなかったという方もいらっしゃいました。そういったホールでは、お客の立場からは閉店することなど知る由もないですよね。

今回は、景品交換する前に閉店してしまったホールの貯玉や貯メダルどうなってしまうのか!? また、その補償について解説していきたいと思います。

「貯玉補償基金」加盟店か調べておこう!

当該ホールが「貯玉補償基金」に加盟していれば、貯玉や貯メダルの補償は受けることができます。しかし、非加盟店だと全く補償は受けられません

そのため、貯玉や貯メダルをするであろう店舗が加盟店か否かを事前に調べておくことをお薦めします。非加盟だった場合、大量の貯玉や貯メダルは今のご時世かなり危険です。

加盟店かどうかは、下記のサイトで簡単に調べることができます。

https://www.chodama.or.jp/

「貯玉補償基金」とは

「貯玉補償基金」とは「一般社団法人 貯玉補償基金」の略で、貯玉や貯メダルを扱うホールが加盟することのできる基金です。

こちらの基金は、契約加盟店が破産などの事態により貯玉や貯メダルの賞品交換ができなくなった場合のために、予め契約店から拠出金を預かり、貯玉会員への補償を行う制度となっています。

特殊景品には替えられるの???

風営法の範囲内で貯玉や貯メダル数に応じた商品をもって清算できます。しかし、貯玉補償の商品は、現金・商品券・金券・有価証券など、これに類するものではありません。そのため、特殊景品を介して現金化することはできないのです。

知らないと損をする要注意事項

以下の要因で補償が受けられない場合があるので、こちらのコラムを読んでくださった方々は注意をしてください! そして、そうならないための対応もチェックしてください。

①入会申込書に記載した、氏名、住所、電話番号等に不備がある場合には、貯玉補償の案内文書が届きません。

→会員証作成時の本人控えを要確認!!

②会員が転居、婚姻、電話機種変更等の様々な理由により氏名、住所、電話番号等に変更があった場合には、 ⑴同様、案内文書が届かない場合があります。

→変更時はホールへ必ず通達!!

③貯玉補償では、補償受付期間及び補償申込期限等を過ぎての、補償のお申込みには応じてもらえません。

→期日厳守!!

まとめ

昨今、ホールの閉店が後を経ちません。そんな中、少しでも有利に立ち回るための貯玉や貯メダルをされている方々も多いかと思います。しかし、それが逆に仇となる場合もあるのです。

そもそも、補償を受けられたとしても現金化はできないため、損になる場合の方が多いのです。是非、その点はお気を付けください。

そう言えば、昔、人気キャバ嬢が、複数の指名客に同じバッグをねだり、一個残して古物商に持っていくという新手の三店方式を採用していたが、バッタ物掴まされたとき、補償なくて怒り狂っていたな(笑)。

因みに、実は貯玉、貯メダルにはホール毎に期限もあるのですが、そのお話はまた、こちらコラムにて紹介するかも!?

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー