5号機から登場した新システムの歩み! 登場から約3年間の進化に迫る!!【PLAYBACK/5号機ヒストリア特別編-11】

パチスロには欠かせない最重要システムの1つ!!

本サイトで大人気企画となっている「5号機ヒストリア」。最新記事まで再掲載し終わったことを記念して、ここからはしばらく特別編をお届け!

今回の特別編はパチスロ攻略マガジンドラゴン2018年4月号に掲載された記事より、「上乗せ特化ゾーン」の進化について紹介。2010年「皆伝丸」で初登場したこのゾーンはその後の数年の間に大幅パワーアップ! 今ではパチスロにおいて欠かせない存在となりました。そんな「上乗せ特化ゾーン」の歩みを特徴的な機種とともにお届け!


2010~2012年の3年間に「上乗せ特化ゾーン」は大幅進化!

セット数上乗せARTの元祖といえる存在は「マジカルハロウィン2」の「キングカボチャンス」。また、「ミリオンゴッド~神々の系譜~」のような特定絵柄揃い高確率と複合したゾーンも登場した。

継続率は低いものの、1度の上乗せゲーム数が大きいタイプも登場。近年では「アナザーゴッドポセイドン」の『トライデントアタック』も記憶に新しい。どの機種においても最上位のゾーンという位置付けだ。

ボーナス絵柄を特殊リプレイとしたタイプだけでなく、チェリーを内部的にリプレイとした機種も登場し、上乗せ特化ゾーン中のチェリー高確を実現した。また、MB中の制御変化と組み合わせたレア小役高確を採用するケースも増えていった。

上記の他、特定絵柄揃い高確率&OG連を組み合わせたタイプも登場。また、ゲーム数やセット数だけでなく、ポイントなどの特化ゾーンも生まれた。

登場から約7年間パチスロ人気を支えた

試行錯誤の中で様々なシステムや演出の見せ方のゾーンが存在していったが、性能が高くなるにつれ、出玉面での依存度が高くなる問題も指摘されてきた。有利区間や一撃出玉の上限が厳しく定められる今後は、突入率と上乗せ性能のバランスが求められるだろう。


※当該記事は2018年発売の「パチスロ攻略マガジン」誌上の特別企画再掲載記事のため、記事の内容等が当時のものとなっております。ご了承ください。

▶▶▶ここまでに紹介してきた5号機はここからチェック!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー