マジ!? ゴージャグ3の機械割に異常発見【ホールコンサル営業実録! 第125話】

マジ!? ゴージャグ3の機械割に異常発見【ホールコンサル営業実録! 第125話】

まいど~! ニッシーです! 今回はジャグラーの最新作「ゴーゴージャグラー3」のホールデータ速報です!

6.5号機もスマスロも存在しなかった昨年なら、どのホールも「スロはジャグラーしか勝たん!」と争奪戦もヒートアップしていましたが、最近はAT機の隆盛で以前ほどの過熱ぶりはなくなってきました

とは言え、ジャグラーの新台! さて、その温度感は設定状況にどう現れてるのかな? 早速、約1週間の各設定の使用割合から見てみましょう!

各設定使用割合
設定 使用割合
1 約18%
2 約31%
3 約28%
4 約16%
5 約5%
6 約2%

④⑤⑥の投入率が約23%。「みなさんどう思います。少ない? 多い?」

ボクは正直言いますとジャグラーにしては「激低!」って思いました。

ましてやファンキー、マイジャグ、ハッピーに比べて④⑤⑥のメーカー発表出率は低いのにね。

が、メーカー出率と実出率を見てみると「あれ?」と言う数字に?

ゴーゴージャグラー3の機械割
設定 スロマガ調査値 実際の機械割
1 97.2% 97.4%
2 98.2% 98.8%
3 99.4% 99.8%
4 101.6% 102.1%
5 103.8% 104.7%
6 106.5% 108.4%


全設定で発表値より少し高いのはジャグラーシリーズとしてはいつもの事なんですが、設定⑥は約2%も高いじゃないっすか? これはもしや緩いプチタイマー設定!? いや北電子さんに限ってまずないですけど(笑)。

そして勝率はと言うと…

ゴーゴージャグラー3の勝率
設定 勝率
1 29%
2 36%
3 44%
4 59%
5 74%
6 88%

出率が上振れのせいもあってか⑤⑥が高いっす!

個人的意見ですが、ゴージャグに関しては、こんなに上の設定が出なくていいんすよ…。

コイツの良い所って合成が高くて①②でも高設定っぽいボーナス回数を叩いてくれて、下でも波が緩やかでお客も遊べるってところなのに。

今のところ上の勝率が高すぎて下が低すぎるのは気にかかりますね。

またコンサルする上で稼働を作るため、設定別のイン枚数は必ずチェックする項目。

「どの設定が利益も取りつつ稼働貢献が高いか」を見るのですが、今回は以下の通りとなりました。

ゴーゴージャグラー3のイン枚数
設定 イン枚数
1 16700枚
2 19300枚
3 20000枚
4 21550枚
5 21850枚
6 23800枚

勝率20%台でイン枚数が1万6700枚しか入らない設定①は使わないでしょうね。

抜かなければやれないホールでもベース、繁盛店なら③ベースに少し②を混ぜる感じかな?

また、高設定を使う際、⑥が本当にここまで甘いとすれば、上の設定がそもそもカラいと言われるゴージャグでも⑤が最高設定になるかな?

⑤の好調の台を⑥と勘違いしてくれたら…という算段ですね。

とは言え、冒頭でも述べた通り、ホールのジャグラー熱は今そんなに高くないっす。ジャグラーに依存しなくてもATで稼働が作れるようになってきましたから。

あるホール店長曰く「最近はジャグ単独イベの集客が悪いです…。ジャグの日を少し減らしてカバネリ、北斗のイベ日を増やしたい」とおっしゃられます。

ボクも納得で、イベ日を減らすかジャグ+ATイベントを組み合わせるように変化させてます

春先までは平常時もベース設定が高く、もちろんイベ時はさらに高い状況だったのに。最近はイベントでは高設定を使うものの、平常営業の設定を落とすホールが増えてる気がします。そのぶん北斗やカバネリの方に設定を振ってるイメージです。

全ホールの温度感が低いという訳ではないですが、「勝ちたいならとりあえずジャグラーだけ打っとけ!」という定説は崩れつつあるのでお気をつけ下さい!

ゴーゴージャグラー3の攻略情報はパチマガスロマガモバイルをチェック!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー