ファン感謝デーのクジ引きで、当選率を上げる方法とは!?

ファン感謝デーのクジ引きで、当選率を上げる方法とは!?

はじめに

虚心坦懐の「浅学寡聞は損の元」、第36回。

 


 

先月、X(旧Twitter)にて、とある大手ホールの関係者の方が「ファン感謝デー」のクジの裏話をポストし、炎上しておりました(※現在は削除済み)。実際、虚心も読みましたが、以前、虚心がホール店長から聞いた話とほぼ同じ内容でした。

そこで今回は、以前ファン感に関するコラム(→リンク)を書いた際に記事最後で匂わせていた、「立ち回り次第で当選率や勝率を上げることも可能」という件の詳細な内容について掘り下げてみたいと思います。

「ファン感謝デー」とは!?

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)に属する組合員のパチンコ・パチスロホールで開催される大規模なキャンペーン。定期的に開催され、遊技しているお客にクジが配られ、景品が当たるかもしれない、という内容となっております。

しかし、その実は…。

先ほど上でもご紹介した、こちらのコラム(→リンク)にて詳しくお話していますので、まずはご一読を!

「ファン感謝デー」のクジには、当たりやすい日時がある

ファン感謝デーの開催期間中、早い段階で目玉商品が当選してしまうと、後半の日程で集客が行えなくなる可能性が出てきます。そこで、豪華賞品の当りくじは開催期間の後半に振り分ける傾向にあります。

さらに、一日に複数回クジを配布する際は、当りくじは最終配布時が最も多くなるようにしていると、話を伺った元店長たちも言っていました。

ゲスの極みの元店長が言うには「『あの商品が当たってないからまだチャンスはある。だから最終配布の夜まで打とう!』ってサンドに金を入れるのが、うちのホールのパチンカスの思考なのだよ」と(笑)。

《ポイント①》
★最終日の最終配布時の当選率が最も高い!

「ファン感謝デー」のクジには、当たりやすいシマがある。

「ファン感謝デー」という名の通り、ホールにとって継続的に来店してくれて、お金を落としてくれる優良なお客さん(ゲス店長曰く「カモ」)に当たってもらいたいという思惑があります。

そこで、常連客が付きそうなシマほど当りくじを多く入れる、ということなのです。そのため、低貸しコーナーやバラエティーコーナーでは1等の当選率は限りなく0となるそう。

《ポイント②》
★4パチ、20円の定番機種コーナーの当選率が最も高い!

まとめ

冒頭でも書きましたが、虚心の聞いていた話は炎上していたポストと内容が酷似していましたので、実際にこういった傾向のホールが多いと思われます。

因みに知人のゲス元店長は、ファン感謝デーでお気に入りのキャバ嬢に、欲しがっていた景品の当りくじを手渡しであげていました。多分、このキャバ嬢こそ虚心が知りうる最強のファン感プロだと思います(笑)。

皆さんも、上記のポイントを踏まえた上で、ファン感のクジ引きでも一勝負してみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー