【パチスロハードボイルド】AT当選に注目! データ表示器から高設定を探す方法!!~八十五杯目

【パチスロハードボイルド】AT当選に注目! データ表示器から高設定を探す方法!!~八十五杯目

強い設定推測要素が出ないと判別が難しい台

『パチスロハードボイルド』を打って思ったことは、現時点で設定推測は不可能なのでは? ということ。

特定の設定を示唆するJACハズシ時のボイスか、JAC中の特殊ムービーを確認できれば高設定だと信じて打ち続けられますが、ハッキリ言ってそれ以外の状況では難しいと思います。

もちろん、設定1でも完璧手順を行えば機械割が100.2%なのは分かっています。ただ、やっぱり1つでも上の設定を目指したいじゃないですか、勝率をアップさせたいじゃないですか。

そんなわけで、本機を打ちながら、どうにかならんものかなー、と考えていたら、気になるデータ表示を発見。

というわけで、今回のお題はこちら。

ズバリ「データ表示器から高設定を探す」です。

RBからのAT当選がデータ表示器から見抜ける!

本機は通常時にRBを引くと、消化中のレア小役&最終ゲームでAT抽選を行います。とくに最終ゲームでのAT当選率は、設定1で0.8%、設定6だと6.3%と約8倍もの差が存在。一度でも確認できれば、高設定に期待できますよね。で、これがデータから見抜けるんですよ。

上写真を例に挙げると、以下のように読み取れます。

●1回目の表示内容…8GでRB
●2回目の表示内容…365GでRB
●3回目の表示内容…800GでBIG
●4回目の表示内容…BIGからAT当選
●5回目の表示内容…174GでBIG(その後にAT表示がないため、AT非当選)
●6回目の表示内容…18GでBIG

つまり、履歴を遡って「〇〇GでRB→1GでAT」というデータが見つかれば、通常時の「RBからATに突入→RB最終ゲームでの抽選を突破した可能性あり→高設定に期待できる台」と言えるんですよね。

僕が見たところ、すべてのデータ表示器でATをカウントしているわけではないので、この方法が使えるホールは限られていますが、もしも近くのホールで「AT」を表示しているようならば、今後はぜひ履歴をチェックしてみてくださいね。

この方法を使えば「適当な空台に座るよりも高設定期待度の高い台に座れるので、勝率がアップする」「特定日の翌日にキレイなグラフを描いている台の履歴を遡る→そこでRBからATにつながっているようだと高設定の可能性がさらにアップ→次の特定日には狙えそう」といった立ち回りができますよ。

『パチスロハードボイルド』の最新解析情報は「パチマガスロマガモバイル」で!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー