この時だけは絶対にヤメちゃダメです!【忍魂参 ~奥義皆伝ノ章~】

この時だけは絶対にヤメちゃダメです!【忍魂参 ~奥義皆伝ノ章~】

ゲーム数上乗せ型の"元祖"として名を馳せた名機「忍魂」。

シリーズ最新作となる「忍魂参 ~奥義皆伝ノ章~」においても、その遺伝子は色濃く継承されており、従来ファンに"刺さる仕上がり"となっていることは間違いない。

今回は本機のツラヌキ要素である『再廻ノ試練』について、簡単にご説明しよう。

再廻ノ試練の概要

再廻ノ試練とは、バレルクラッシュ(上位ATの初期ゲーム数を決める上乗せ特化ゾーン)突入をかけた15G間の引き戻しゾーンのこと。

主にエンディング後裏月光ノ刻中の権利獲得を契機として突入する。

消化中全役でバレルクラッシュの抽選を行っており、その成功期待度は約52%。

また、レア小役別の成功期待度は以下の通りだ。

再迴ノ試練中
レア小役成立時の成功期待度
小役 期待度
チェリー 40%以上
スイカ
チャンスリプレイ
チャンス目 100%
確定役

チャンス目や確定役が成立すれば成功確定!

失敗しても即ヤメNG!!

再廻ノ試練失敗後は、1周期目(100pt減算:平均約60Gで到達)でのAT当選が確定

忍魂参のベースは50枚あたり約34G。1周期回すまでには、おおよそ90枚程度のメダルを使用する計算だが、AT「月光ノ刻」は純増約2.0枚/Gの初期50Gで最低でも100枚程度のメダル獲得は期待できるため、フォローしても損をする可能性は少ないだろう。

もちろん成功するに越したことはないが、仮に失敗したとしても萎えて即ヤメせずに、必ずAT当選までは続行しよう!


なお、パチマガスロマガモバイルでは他にも本機の攻略情報を多数掲載中!
ぜひ、そちらも参考にしていただきたい!

忍魂参の最新情報はパチマガスロマガモバイルで!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー