スタート直後にいきなりの大ピンチ! しかも事態は一向に好転せず…【PLAYBACK/決死のパチスロサバイバル7 vol.2】

立ち回りは間違っていないはずなのに結果がついてこない…

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2016年2月号~

パチスロ攻略マガジン誌上で大人気だった「旅打ち企画」。これは移動はカブのみ、初期資金10万円を元手にパチスロの収支のみで日本の端から東京を目指すという超過酷企画でした。

そんな企画を、前回の角屋角成によるチャレンジに続き、今回もWEB上で完全復刻。現在もパチマガスロマガで活躍中の日向七翔が旅打ち人となって挑んだ、過酷な旅程をまとめて公開していきます!!

2015年12月に沖縄の地を出発するのは角屋のときと同様ですが、なんと今回は北海道を目指して日本列島を一気に北上。そこから東京を目指すという前回以上に超ハードな旅となっています。

設置機種は当時のものながら、その立ち回りは今でも確実に役に立つこと間違いなし! 旅打ちの結果とともに…その機種・その土地ならではの立ち回りをお楽しみください!!


周囲からの応援を糧になんとか踏ん張る毎日!

自分は一人じゃない 周りの人達に感謝!

結果がついてこなくて心が折れそうになりますが、周りの人達の言葉に助けられています。直接会いに来てくれる読者さんに「立ち回りは間違ってない、ブレずに頑張れ」や「焦らず地道にコツコツ勝っていけばいい」っていう言葉をかけてもらいました。編集部からは「まだ日にちに余裕があるんだから、落ち着いて立ち回れば大丈夫」など。一つ一つの言葉が胸に染みます。

そして、ブログを見てくれている地元の友達からも電話があり「立ち回り方がお前らしくないぞ。いつも通り立ち回ればお前なら余裕だろ!」って。まさにその通りです。この電話をもらうまで、「見てくれている読者さん達がいるんだから、いいところ、カッコイイ立ち回りを見せないと」って思っていました。しかし、大切なことはまずは勝つこと。勝ってノルマをクリアして、次の県に進めなければ意味がない。

旅打ちが始まって、自分を大きく見せようとして、本来の自己の立ち回りを見失っていました。

まずは、冷静になり自分自身を見つめ直す。ここからが本当の日向七翔。この号が発売される頃には、結果が出ているでしょう。自分がどうなっているのか、自分自身が楽しみです。早くプラス収支にして沖縄を脱出、そして鹿児島へ行けるように頑張ります!

本土でのメイン機種はほぼバラエティ扱い

沖縄ではハナハナ・トリプルクラウンシリーズが設置台数の大半を占めています。本土でのメイン機種もありますが、ほぼバラエティのような感じ(笑)。ホールのポップもハナやトリプルクラウンばかりで、本土とは全く扱いが違うと思いました。また、台間も広く、荷物やドル箱を置く大きなスペースがありますよ。

抽選が鍵を握る!?

現在自分が通っているホールは、抽選が勝利の鍵を握っています。なぜなら、高設定の据え置き傾向が強く、通っている常連はみんなそれを分かっているから。抽選人数も毎日100人オーバーで、早い番号じゃないと狙い台は取れない。出玉のヒキではなく、まずは抽選のヒキが重要となります。

今回はここまで! 次回(4月24日更新予定)では沖縄県編・中編をお届け! ついに反撃なるか!? お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー