誰もが1度は打ったことがあるはず! 歴代「麻雀」系マシンを一挙公開!【PLAYBACK/パチンコ進化論 ギャンブルモチーフ台②】

現在もシリーズ機が登場している超名機も多数存在!

※当該記事は2016年発売の「パチンコ攻略マガジン」誌上の企画再掲載記事のため、記事の内容等が当時のものとなっております。また白黒の写真が中心となりますが、ご了承ください。


「パチンコ攻略マガジン」誌上にて2016年7月より連載が開始されていたのが「パチンコ進化論」。2016年までのパチンコの歴史、その細部にまで焦点を当て、紐解いていく企画となっていました。そして今回、その誌面記事をWEB上に完全再現! あらためてパチンコの歴史を確認していきます!!

今回で第10回目となるこの企画。そのテーマは「ギャンブルモチーフ」台。パチンコのモチーフとなるものはいろいろありますが、その中でもトップクラスに多いのがボードゲームやカードゲームも含めたギャンブル系マシンでしょう。その中にはいまだ名機として語り継がれ、後継機が登場し続けている台も! パチンコとの親和性も高く、様々な形でパチンコ台となっているのもわかる気がします。そんな歴代ギャンブルマシンたちを3回にわけて紹介! 


【麻雀系マシン】オリジナルからタイアップまで各メーカーから登場!!

90年代の平和機種は麻雀台の宝庫!

「麻雀物語」の大ヒットから続く、平和の麻雀台の歴史。「麻雀物語」は液晶の供給が追いつかず「ブラボーエクシード」の7セグを液晶の代わりに入れた「麻雀物語」が出たほど。「雀姫物語」は後継機として期待されたが、発売当日に販売中止になり、ごく少数の店舗にだけ導入された。

 

西陣の初液晶搭載機である「麻王」は保留玉連チャン率アップの攻略打法で大人気に。マルホンの「麻雀王」は「ミスタートランプ」のドットを麻雀に変えた機種(スペックは同一)。「雀遊記」はその「麻雀王」のスペックを変更し、図柄を追加した台だ。

「麻王伝説」は液晶に同じ牌が3つ揃えば大当り。牌山から大当り牌をツモるリーチなど、モチーフを活かしたリーチが豊富にあった。実際のメイン図柄は液晶上の7セグミニデジタル。「雀士ウーロン牌V」はリー棒連続予告がアツい時短機。当選時の11分の7で時短付きと、時短の連チャン率は高い。V2やV3という姉妹機も。

「雀帝倶楽部」は盤面全体が液晶という「エアビジョン」第1弾マシン。演出は4人打ち麻雀を再現しており、ツモやロンができれば大当り!

「ドラドラ天国3」は竜巻落下リーチがアツい3回権利モノ。息の長い人気を得た本機から「ツモツモ」→「ドラツモ」とシリーズのヒットに繋がった。

人気マンガやプロ出現の台が増加!

麻雀漫画タイアップ機の中でも、「哲也」はチーやポンで擬似連といった麻雀要素を取り込んだ演出と、旧MAX機の爆発力で好評を得た台。ちなみに、本機開発者自体も麻雀が上手い(笑)。

奥村は麻雀プロが出演する「華牌」シリーズを発売。「華牌Ⅱ」では和泉由希子や宮内こずえという女子プロも演出で登場。また、液晶上で手牌が進行したり「華牌Ⅱ」では親や子で出玉数が変わったりと、演出も作り込まれていた。「南国麻雀」ではセクシー演出も搭載!

「麻雀物語~麗しのテンパイ乙女~」は、風上三姉妹の他、萌えキャラが多数登場。通常時から保留が8個の「MAX8」搭載機種で、初代「麻雀物語」の映像が流れる初代演出も存在。

女子ライターが多数出演する「くるくるぱちんこ新EX麻雀2」。パチマガからはポコ美と柳まおの2名が出演! 衣装は台に登場するキャラに扮した姿と私服の2パターンあり。

「麻雀姫伝」には「戦国双天絵巻 華恋姫伝」の茶々など、サンセイ機種歴代の萌えキャラが演出に登場! また、二階堂姉妹を始めとしたプロ雀士も多数出演している。「ワシズ」は、最短5秒で当たる突当り演出が出現しやすくなっている異色の台!

今回はここまで! 次回(6月16日更新予定)はまだまだ存在するギャンブルモチーフ台をお届け! お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー