差枚数管理型AT機の代表格! 初代マシンから長期ヒットとなった人気シリーズ!!【名機 the ORIGIN/vol.254】

幅広い層に支持された遊びやすさと秀逸な演出群!

現在ホールで活躍している数々のシリーズ機。そのすべてに数多の前身機が存在し、そこから各シリーズ機へと人気マシンの遺伝子が後継機へと受け継がれている。

となれば、気になるのはそのシリーズ機の起源(ORIGIN)となる「初代」マシン。はたしてそこからどう発展し、現在の最新マシンへと変貌を遂げて来たのか。

この「名機 the ORIGIN」ではそんな「初代」マシンにスポット! 最新の人気シリーズマシン、その元祖となる機種を知ることで最新シリーズ機をより深く理解し楽しめる…はず!!


2013年9月、パチスロ〈物語〉シリーズはここから始まった!

パチスロ化物語(Sammy)

西尾維新の小説に端を発し、アニメ化されたことでさらに人気となった〈物語〉シリーズ。その初のパチスロ化となったのが2013年9月に登場した「パチスロ化物語」です。

スペックは枚数管理ATを搭載した5号機で、AT機としては軽い初当り確率が特徴的でした。AT「倖時間(ハッピータイム)」は最低150枚獲得可能で、上乗せ「倍倍ゾーン」も存在。1Gあたりの増加枚数は約2.7枚となっていました。

本機には当時としては斬新な多くの機能が搭載され話題に。「回胴そのものが『怪動』」と銘打たれた激アツギミックがそれで、PUSHボタンバイブの他、大スベリ停止矛盾などが存在、チャンスをさらに盛り上げました。

またAT突入の重要な契機となるCZ「解呪ノ儀」も本機のアツい瞬間の1つとなっており、突入時は基本的に15G継続。成立役に応じてAT抽選が行われ、トータル期待度は約40%となっていました。ちなみに本機はメインヒロインを選択でき、そのヒロインがメインのCZならばチャンスとなりました。

そして本機の要AT「倖時間」の詳細は上記の通り。

AT中、レア小役に当選すると連続演出発展or倍倍チャンスの即告知へ。連続演出は成功すれば倍倍チャンスorボーナス確定となりました。

倍倍チャンス中は消化中に倍率と配当を獲得、最終的にそれらを掛け合わせた枚数が上乗せされる仕様。ボーナスは擬似となっており、2種類が存在。どちらも30G固定ながら、白7揃いなら大量上乗せが期待できました

そんな初代マシンを経て、その後も〈物語〉シリーズは続々登場。現在は「パチスロ〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」の他、最新シリーズ機である「パチスロ傷物語 ‐始マリノ刻‐」が好評稼働中です。本機は初代マシンを彷彿させる差枚数管理のAT機となっていますが、複数の特化ゾーンと引き戻しゾーンを搭載。よりアツい瞬間を楽しめる仕様となっています。〈物語〉シリーズファン納得の1台となっているので、ぜひホールで挑戦してみてください!

そんなパチスロ〈物語〉シリーズの最新マシンといえばこちら!!

パチスロ傷物語 ‐始マリノ刻‐(Sammy)

詳細な機種情報はこちらから!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー